夫の心が離れる寝室事情その3:緊張感のないナイトウェア

妻の皆さま、部屋着、ナイトウェアはどのようなものを着ていますか?「楽だから」と5年前からずっと同じの、ひざがぬけ、袖口が擦り切れ、襟元がのびきったゆるゆるのジャージなどではありませんか? あるいは着ぐるみ風のゆるキャラ系ではありませんか?

だんな様が妻を「抱きたい」と思うかどうかには、妻が身に着けているナイトウェアの影響も大いにあります。ボディラインがわかるスリムな物、透ける物など女性らしいデザインを取り入れたものはセクシーさのアピールにつながります。また、たとえルーズなシルエットの部屋着でも、シルクのような触感の良い素材の物なら、男性に「触れてみたい」と思わせる効果があります。形や素材、色使いに、上品な女性らしさ、セクシーさを漂わせるような服選びがポイントです。

しかし、「旦那とエッチしたい!」とセクシー路線を狙うあまり、真紅のベビードールのようなどぎつい「勝負ナイトウェア」は、だんな様をドン引きさせる可能性があるので要注意。
 

夫の心が離れる寝室事情その4:古びた下着

最近、下着を新しくしたのはいつですか?たとえサイズが変わらなくても、下着は1年たったら取り替えるのが理想的。型崩れや色あせしたり、シミがついたり変色していたりなど、古びた下着はオンナを下げます。

「これ、高かったんだからもったいない」と未練がましくゴムの伸びた下着をいつまでも身に着けるのは避けましょう。形の崩れた下着は体にフィットせず、適切な補正効果が得られないだけでなく、身に着けていても快適ではありません。
常に誰に見られても、だんな様に服を脱がされてもいい下着で過ごすようにしましょう。
 

夫の心が離れる寝室事情その5:野放しのアンダーヘア

冬は特に忘れがちな無駄毛の処理。ワキやひざ下は定期的に処理している、と言う人でも忘れがちなのがアンダーヘア。日本人女性は欧米に比べてもアンダーヘアの「野放し率」が高いのだそう。しかし、男性が理想とするのは適切にお手入れされた控えめで優しい感じのアンダーヘア。

でも、何を使ってどうやって処理したらいいかはなかなか人に聞くことができず自己流でやったり、悩んでいる人も多いかも知れません。お勧めは専用のツールで定期的にお手入れをすること。たとえば、アンダーヘア用トリートメント『シナヤカウォッシュ』や、ヒートカッターの『Vライントリマー』などを使ってみるのもよいでしょう。

いかがですか?「え、こんなことを男性は気にするの?」という、夫が妻を抱きたくなくなる時のポイントもあったかもしれません。セックスレスの改善はまず寝室とそこに眠る妻自身を素敵にすることからです。思い当たる項目のあった方は、ぜひ一つずつ改善してみてくださいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。