【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

過去の恋愛を美化しすぎていませんか?

別れた恋人との気持ちが整理できずに、それを引きずるあまり、次の恋愛へと進展できない悩みを抱える人をいっぱいみます。その気持ちはとってもわかるのですが、ボク個人としては基本的に恋愛に関して復活愛はおススメしません。

/

過去の恋愛に執着せずに新たな出会いを信じましょう!

結婚後、さらに幸せになっていくカップルは付き合ってからもビックリするぐらいに結婚へとスーッと導かれていくものです。

そのプロセスで別れたり、関係を維持させるために苦しむということはありません。つまり別れてしまうということは、それ自体にきちんと理由があったのではないかと考えてみることも大事なのです。

別れてからも復活愛を望むあまり、過去の恋愛を美化したり、執着することで次に出会うべく人を自ら遠ざけているとも言えます。

ひと言で元の恋人とヨリを戻すとはいっても男性と女性では性質が違うものですが、今日は主に別れた彼を忘れられずに辛いと感じてる女性に向けてメッセージを送りたいと思います。


なぜ二人は別れることになったのか考える

恋愛感情から付き合う関係になっても、早いカップルは、わずか1か月後には、もう些細なケンカや別れるかも・・・など小さな問題が生じてきます。それを乗り越えても、不思議と今度は半年後、1年後、その次は3年、5年後と別れ話が周期で巡ってくることがあります。

恋愛だけで考えれば付き合って5年以上と言うだけでも、年数だけで比較すれば長い方になるでしょう。ただ本来の目的である幸せな結婚生活を築くことを考えれば、その年数なんてすごく短いので、本当に幸せになっていくことと、付き合った時間の長さはあまり関係ないかも知れません。

だから付き合ってわずかな期間で、すぐに些細なケンカや何かしらトラブルが発生すると言うこうとは、それだけでも、あなたが彼との関係を継続させていくのは難しいと示唆するサインとも言えるのです。

元カレとの復活を望む女性の多くは、好きだった彼から心の準備なく突然に振られたパターン、つまり気持ちの整理がつける間もなく会えなくなったことが原因と言えるでしょう。当たり前ですが、自分が納得したうえで別れた女性は、次の恋愛へと比較的、ポジティブな気持ちに切り替えていることでしょう。


>続いて、本当にその彼と一緒で幸せだったのか?を考えてみましょう!