中古スマートフォンを使うメリットとは?

スマートフォンが普及して、多くの機種が各社より発売されています。スマートフォンを購入するのは、通信会社から契約と同時に端末を購入するのが一般的です。スマートフォンは、通信会社より提供されるSIMカードを挿すことで通話と通信ができる仕組みになっており、各通信会社に対応したスマートフォンを別途入手し、SIMカードを自分で挿すことで、利用することが可能になっています。そのため、スマートフォンは中古市場があり、利用するユーザーも増えています。

今回は、中古スマートフォンを利用するメリットをいくつかご紹介します。


長期契約に縛られない

スマートフォンは価格が高く、新品は6万円から8万円程度が相場になっています。通信会社より購入する場合は、長期契約による割引が適用され、実質価格が2万円から0円になる場合もあります。ただし、途中で解約、または機種変更をしてしまうとこの割引が適用されなくなってしまうため、ユーザーは2年以上は使う必要があります。

スマートフォンは季節毎に新機種が発売され、技術の進歩も早いため、2年間同じ機種を使い続けることは現実的ではありません。そこで中古のスマートフォンを安く購入することで、実質価格に近い金額にて期間に縛られることなく機種変更をすることが可能になります。

長期契約に縛られて窮屈に感じているユーザーに、中古スマートフォンはお勧めです。


2台目として安く運用する

スマートフォンを2台持ちするユーザーも増えています。通信会社の契約のままで2台持ちするのは、月額運用費が倍になってしまい、負担が大きくなります。ドコモユーザーに限定されますが、2台目をドコモの通信網を使った「MVNOサービス」の通信会社を選択することで、月運用費を大幅に節約できます。

MVNOサービスはSIMカードのみを提供する場合がほとんどとなりますので、端末はユーザーが用意する必要があります。その時に便利なのが、中古スマートフォンです。ドコモの中古スマートフォンを入手できれば、MVNOサービスにて、通信のみの運用なら月額1000円以下でも利用可能です。

2台目のスマートフォンの運用を考えているユーザーに、中古スマートフォンはお勧めです。


お気に入りの複数のスマートフォンを併用する

スマートフォンは、SIMカードを挿しかえることで、電話番号を移すことができます。つまり、複数のスマートフォンに同じ環境を構築しておき、使いたいスマートフォンにSIMカードを挿すことで、同じ電話番号にて、違うスマートフォンを併用することが可能になります。お気に入りのスマートフォンが複数ある場合、その日に使いたいスマートフォンにSIMカードを挿して使う、という運用ができます。

新規で購入した機種では、スマートフォンを2台購入して併用することは困難ですが、中古スマートフォンであれば、何台でも購入して、SIMカードを挿しかえて併用することができます。なお、挿しかえる場合は、同じ通信会社のスマートフォンに限定されます。またauのように、SIMカードに端末情報を登録が必要な場合は、ショップにて手続きを行います。

SIMカードを挿しかえる、という手間はかかりますが、複数台を併用できるメリットは、中古スマートフォンならではの使い方です。

次ページ:中古スマートフォンの注意点