キープコンセプトでも、魅力は“フル”に引き上がった

BMW X5

日本では3リッターディーゼルターボ(35d 792万~880万円)、3リッターターボ(35i 799万~858万円)、4.4リッターターボ(50i 1069万~1185万円)をラインナップ

第三世代のX5が日本上陸を果たした。フルモデルチェンジ、とはいえ、キープコンセプトでメカニズムもキャリーオーバーである。けれども、最近のフルモデルチェンジの常で、熟成をかさねたメカニズムに、軽量化と効率化、そして見栄えのよりいい内外装を採用することで、商品としての魅力を、キープコンセプトであっても、“フル”に引き上げている。

なかでも注目すべきグレードが、先代から導入されて日本でも人気を博したディーゼルターボエンジン搭載グレードの35d(欧州名30d)である。
BMW X5

ボディサイズは全長4910mm×全幅1985mm×全高1760mm、ホイールベースは2935mm。リアハッチは便利な上下2分割式を採用する

BMW X5

258ps/560Nmを発生する3リッターディーゼルターボを搭載。燃費は旧型より25%向上(JC08モード 13.8km/l)している

型式名N57D30Aの直6直噴3リッターディーゼルターボエンジンは、基本的に先代に積まれていたものと同じ仕様だ。新型に搭載するにあたって、若干のパワー&トルク性能向上(258ps&560Nm)と燃費改善(25%)が図られている。

800万円を切る最も安いエントリーグレード(792万円)がディーゼル搭載車、というのも今回のニュースだ。ただし、これはSEという言わば“客寄せ簡略グレード”で、スタンダードは821万円と、同装備のガソリン車35iより22万円も高くなる。

もっとも、人気グレード(になるはず)の35d Mスポーツ5人乗りが880万円と、先代のダイナミックスポーツパッケージに比べれば(タイヤ&ホイールサイズが19インチと1インチ小さくなったとはいうものの)、車両本体価格でみると20万円弱も安くなっている。もちろん、車両の進化分を勘定に入れれば、さらにお買い得感も増す。

BMW X5

ラゲージ容量は旧型より30~120リッター大きい620~1870リッターを確保

ガソリンターボの35i系(799万円~)も、乗れば乗ったで捨てがたい乗り味をみせてくれることだろう。けれども、将来に渡って35d系がX5のベストバイであり続けることは間違いない。

ガソリン系の2グレード(35i、50i)ともに燃費改善は著しいが、ディーゼルには敵わない。さらに、走りの質感でディーゼルターボに勝ろうと思うと、必然的にお高い50i(1069万円~)を選ぶほかなくなってしまう。
BMW X5

複数の面を重ねるレイヤリングを用いた立体的なデザインのインテリア。10.2インチディスプレイは見やすい上部に配置