FXのカリスマトレーダー「奈那子さん」を知っていますか?

着実に利益を積み重ねる奈那子さんを取材しました!

着実に利益を積み重ねる奈那子さんを取材しました!

FXのトレーダーとして活躍している人の成功の秘訣を、オールアバウトFXガイドの内田が、突撃インタビューしていきます。今回は、トレーダーの奈那子さんに登場していただきます。

家事や育児、仕事の合間にトレードに励むFXトレーダーであり、奈那子さんが主宰する「FX友の会」は、プロも参加する日本最大級のコミュニティです。東京・大阪で年2回開催されているイベントには、多くのトレーダーが日本全国から集まり、濃密なセミナーが行われています。

奈那子さんは、FXで「会社からもらうお給料超え」を目標に、1日1万円ずつ積み上げるスタイルで堅実にトレード。最初は月数万円にとどまっていたという収入は、今や部長クラスになりました。

ブログ「FX奈那子の素敵な人生計画!為替で1日1万円」や雑誌等で、トレード手法や相場見通しを公開。また、日経ドキュメンタリー「ガイヤの夜明け」に出演するなど、各メディアでも精力的に活動しています。

私が進行役を務めるラジオNIKKEIで毎週木曜日放送中の「ザ☆スマート・トレーダーPLUS」にもご協力いただき、リスナーから奈那子さんの堅実な投資スタイルへの共感の声が寄せられています。

株から入った投資への道

ガイドの内田が奈那子さんのトレードの秘訣に迫ります!

ガイドの内田が奈那子さんのトレードの秘訣に迫ります!


ガイド内田 
奈那子さんの最初の投資はFXだったのでしょうか?

奈那子さん じつは私、「株」から投資の道に入りました。始めたのはバブル崩壊直前の1989年。社会人になりたてで、投資には全く興味がありませんでした。ただ、当時は日本経済がまだまだ元気なバブル時代。タクシーの乗車拒否は日常茶飯事、タクシーチケットを束で持つOLさんもいたくらいでした 。


ガイド内田 会社員時代に株に興味をもたれたんですね、それでも投資をしている女性は多くはなかったのでは?

奈那子さん その頃、勤めていたオフィスは、北浜と呼ばれる証券会社が立ち並ぶ金融街で、近くに大阪証券取引所があったことも投資を身近に感じさせてくれたのかもしれません。 上司や取引先の方に連れられて行った夜の勤務地、北新地でも株の話を聞くことが多く、周りの方々の勧めもあってチャレンジしてみることにしました。 とはいえ、慎重な性格なので、最初は会社の持株会からコツコツと地道にスタートしたんです。

ITバブル崩壊を乗り越え善戦。株投資で資金が倍に!

ガイド内田 株投資はどうでしたか?

奈那子さん その後、株式委託手数料が完全自由化されたことで、多くの証券会社でオンライントレードができるようになりました。2000年前後には「デイトレーダー」が成功者としてインターネットや雑誌などで取り上げられるようになりました。 もちろん私も早速、口座を開いて、医療関連や銀行、建築株など現物株に積極的に投資し始めました。初期資金の300万円は700万円のプラスに。ITバブルの崩壊後の日経平均最安値更新、りそな銀行の公的資金注入など日本の経済史に残る大きな流れの中でよく戦ってきたと思います。

ガイド内田 株投資も大成功に思えます。資金が2倍になるというのは、戦果としてもすばらしいですね。

奈那子さん
 ただ、仕事の休み時間に注文を出して、仕事が終わってから株価を見る…という限られた時間しか取引できないことがとてももどかしく、やめてしまおうと思ったときに出会ったのが「FX」だったんです。

円安イケイケ時代にFXの魅力に漬かる……その後起きた悪夢

奈那子さん  FXは日本時間の夜、仕事が終わった時間帯から欧州、米国と本格的な取引時間が始まるでしょう。株取引でストレスを感じていたデイトレードが自由にできることが大きな魅力でした。それに当時は、円安イケイケ時代(笑)。クロス円を買えば儲かるという環境でした。特に、豪ドル円は金利差、スワップポイントで毎日金利が貰えてしまう夢のような通貨ペア。資金100万円は約3倍に膨らみ、FXの魅力にどんどんはまっていきました。

ガイド内田 資金が3倍に、2006.7年ごろでしょうか?

奈那子さん はい、その後にあの悪夢のような「サブプライムショック」が起きたんです。世界的な株安とともに円高が急速に進んで、107円台後半だった豪ドル円は55円台まで暴落。クロス円を買っていれば儲かった環境に慣れ過ぎていた私の投資資金は一気になくなってしまいました。 たった一日で300万円もの損失。もう放心状態でしたね。そんな状態で、翌日から友人たちと子ども連れでファミリー旅行へ。写真を見るたびに、誰にも言えず1人で落ち込んでいたあの時の気持ちを昨日のことのように思い出します。

どうやってFXで1日300万円の損失を乗り越えたか……

ガイド内田 サブプライムショックでFXトレーダーの方の中には大きな損失を抱えた方も多かったと聞きます。

奈那子さん だけど、サブプライムショックでの円高による失敗はすべて自分が引き起こしたことなんです。ストップ注文を何度も外して、含み損を拡大させてしまった。原因はすべて自分にある。ものすごく反省もしたし、マーケットの怖さも知りました。それでもFXをやめなかったのは、ブログで知り合った大先輩や仲間の励ましがあったから。それからですね、私がFXを猛勉強しようと思ったのは…。

ガイド内田 今の着実なスタイルができあがったのも、そのご経験からでしょうか。逆境にあるときに、どのようなお勉強をされたのか聞きたいです。

奈那子さん 本を、もうたくさん読みました。勝っている人はなにか特別な手法を持っているのではないかとブログなどで知り合ったトレード仲間にも話を聞きに行きました。わかったことは、特別なことは何もなく、いたってシンプルなトレードをしているということ。そして、遠回りをしても絶対に諦めないという強い意志と決意を持っていること。それだけだったんです。

☆後編では、奈那子さんが身につけた着実なトレードスタイルの秘訣に迫ります!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。