ガスオーブンを日本のキッチンに

イタリア・ベルタゾーニのガスオーブン新登場

6年前の規制でセンサー付きガスコンロ以外の生産販売が禁止されて以来、外国産のガスレンジの輸入が業務用のハイカロリータイプをのぞいて全面撤退してしまいました。

その影響もあってガスオーブンの輸入販売もおこなわれなくなり、日本のキッチンからオーブンの採用率が一気に低下してしまいました。しかし、家族皆が喜ぶ本当に美味しい料理をつくる道具としてのオーブンのニーズは根強くあります。

アメリカVIKING社のセンサー付き輸入ガスコンロを一昨年日本市場に投入したツナシマ商事が、ビルトインタイプのイタリアベルタゾーニ社・ガスオーブンの発売を開始しました。

アメリカのインチサイズと違って、間口、高さ、奥行きともに60cm角のこのガスオーブンはアンダーカウンターへのビルトインも、使い易いアイレベルへのビルトインも可能です。
bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブン


 
bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブンのデモンストレーション


 
bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブンのデモンストレーション


 
bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブンのデモンストレーション


 
ガスオーブンと電気オーブンとどちらが良いのか問い合わせが多いのですが、ガスの供給が可能ならばガスオーブンをおすすめします。第一の理由はガスは火力が高いので予熱時間が短く、扉の開閉時に温度が下がっても再び立ち上がる時間も短くて済みます。

電気オーブンは庫内温度のムラを防ぐためコンベクション方式のファンを使って庫内温度を均一にしますが、ガスオーブンの場合はコンベクションファンを回さなくても庫内温度を早く均一に保つことができます。

その結果、パンやケーキを焼いたりするときも表面が乾燥しすぎないで、ムラなく焼き上げることができます。もちろんクッキーを焼くときなどはコンベクションファンを回して素早く焼き上げることも可能です。

bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブンのデモンストレーション


 
bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブンのデモンストレーション


 
bertazzoni

ベルタゾーニ・ガスオーブンのデモンストレーション


 
bertazzoni

将来発売予定のセンサーコンロ付きベルタゾーニ・ガスレンジ


 
イタリアベルタゾーニガスオーブンの詳細はツナシマ商事の公式サイトをご覧ください。

©Jan.2014 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。