シンガポール1美味しい!庶民の朝食の定番、ナシレマ

解説

行列が目印

解説

アダムロードフードセンターにあります

シンガポールの朝食の定番、ナシレマ。どこのホーカーや定食屋さん(シンガポールではコーヒーショップと呼んでいます)でもで食べることができる、シンガポールでもっとも親しまれているローカルフードのひとつです。星の数ほどある、ナシレマを出すお店の中で、地元のグルメランキングなどでシンガポール1美味しいと選ばれて続けているのが、SELERA RASA NASI LEMAK。シンガポール植物園から徒歩で5分ちょっとのアダムロードフードセンターの中にあります。

 

解説

様々な地元メディアで受賞しています

メニューはのせる具によって、2.5シンガポールドルから。でも、お腹をしっかりすかせて、全部のっているROYAL RUMBLE(5.5シンガポールドル)を食べるのがお勧めです。こちらは、ココナッツミルクライスに、目玉焼き、きゅうり、オター(スパイシーなかまぼこのようなもの)、揚げた小魚、フライドチキン、シンガポール風のコロッケ、魚(この日はさつま揚げのようなフィッシュケーキでした)がのっています。

実は、左隣のお店もナシレマ屋さんで、看板に大きく「No.1」と書いてありますが、本当のNo.1は右隣のお店ですので、ご注意くださいね。ただ、左隣のお店も、地元で美味しいと評判ですので、食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

 

シンガポール1美味しいナシレマのお味は?

解説

サービスもスムーズです

解説

これがシンガポール1のナシレマ!

行列になっていても、オペレーションがスムーズなので、見た目ほどには待たずにすみます。通常はバナナの葉にくるまれているナシレマですが、こちらではお皿に盛り付けて出てきます。まずは、いい香りのご飯から。ココナッツミルクがやさしくふわっと香る暖かいご飯は、ほっとする味わい。チキンは、表面がカリカリに揚がっていて、中はとってもジューシー。そして、どれも塩気が強すぎず、やさしい味付けなのが特徴。卵の衣をつけて揚げた、マレースタイルのコロッケは、ほのかなスパイスの香りが食欲をそそります。フィッシュケーキはぷりぷりの歯ごたえが楽しい品。

 

解説

オターもふんわりとやさしい味わい

魚のすり身をバナナの葉に包んで焼いた、シンガポール風かまぼこのオターは、とっても滑らかで、スパイスの香りも控えめでやさしい味わい。エスニック料理が苦手な方でも食べやすいかも。サンバル(辛みそ)の辛味も強すぎず、全体的に素材を生かした、上品な味わいです。どれも主張しすぎず、自然に美味しい!と思える味です。半熟の目玉焼きの黄身をご飯に混ぜながら、いろいろなおかずを食べると、体の中から元気が沸いてきます。

観光の定番、シンガポール植物園からちょっと足を伸ばして、地元で人気の味、試してみてはいかがでしょうか?

<DATA>
■SELERA RASA NASI LEMAK
営業時間:7:00~17:00 金曜休  
住所:Adam Road Food Centre, Adam Road, Stall 2, 289876
電話:+65 9843 4509
アクセス:シンガポール植物園から徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。