ほろ酔い気分で散策も

寒山寺。書家の田口米舫が1930年に澤乃井の当時の当主の協力を得て建立

寒山寺。書家の田口米舫が1930年に澤乃井の当時の当主の協力を得て建立

澤乃井園周辺には散策スポットも充実。多摩川沿いの遊歩道は整備されて歩きやすく、また目の前に架かる吊り橋・楓橋を渡ると、頭上には『寒山寺』が見えてきます。ここは中国・蘇州にある寒山寺から渡来した釈迦仏木像を本尊とするお寺。中国の寒山寺は梵鐘が有名だそうですが、沢井の寒山寺にも釣鐘があり、訪れた人たちがつく鐘の音が、澤乃井園にも響き渡っています。

巨大な櫛が目印の櫛かんざし美術館。入場料は大人800円

巨大な櫛が目印の櫛かんざし美術館。入場料は大人800円

この他、江戸から昭和までの櫛とかんざしなどを収蔵した『櫛かんざし美術館』も澤乃井園から徒歩約10分。多摩川のせせらぎ、花の香り、鳥のさえずりなど多摩の自然を満喫しながら、ほろ酔い気分で散策してはいかがでしょうか。お酒を楽しみたい方は、くれぐれも車ではなく電車で向かって下さいね。


<DATA>
■澤乃井園

住所:東京都青梅市沢井2-770
TEL:0428-78-8210(酒蔵見学受付)
入場料:無料
営業時間:10:00~17:00
冬季(12月~2月)は~16:30まで
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
アクセス:JR青梅線『沢井』駅より徒歩3分


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。