イスタンブールッ子たちが愛するカドゥキョイ中心部

カドゥキョイ

アジア側の交通の中心地で、ありとあらゆるイスタンブールッ子が集まるカドゥキョイ

カドゥキョイ教会

教会が多いことでも有名

イスタンブール旅行ではどうしても観光スポットがヨーロッパ側に偏りがちですが、アジア側だってぜひ見てほしい。急速な都市化や観光地化がヨーロッパ側ほど進んでいないアジア側では、古き良き昔の雰囲気が今でもところどころ残っています。

 
カドゥキョイ

全ての年齢層の人たちが楽しめる町、カドゥキョイ

特にアジア側の中心地カドゥキョイは、イスタンブールッ子がこよなく愛する町の一つ。劇場やオペラハウス、映画館やライブハウスもあり、老舗のロカンタもあればおしゃれカフェもある……若者からお年寄りまでありとあらゆる層の人たちが楽しめるエリアになっています。とりわけロカンタ、お菓子屋、トルココーヒー店などでは老舗の伝統店が今でも元気に営業しており、昔ながらのトルコを感じられる貴重なエリア。そんなカドゥキョイの中心地についてご紹介します。

 

交通・アクセス

カドゥキョイ港

徒歩圏内にはハイダルパシャ駅もあり、港からの景色は抜群

M4線カドゥキョイ駅

アジア側の地下鉄、M4線とマルマライの開通でかなりアプローチしやすくなったアジア側

カドゥキョイはアジア側の交通の中心地になっているので、どこからでもアプローチが簡単。とりわけヨーロッパ側からは、マルマライの完成でより身近な存在になりました。シルケジ駅からマルマライでアイルルックチェシュメまで行き、ここからメトロM4線で一駅乗れば到着! 以前のように交通渋滞や難易度が高く乗り心地の悪いバスで苦労することなく、アプローチできるようになり、私たち外国人にとっても行きやすいスポットになりました。

マルマライについての記事はコチラ>>>マルマライ開通

 

ヴァプール

船は、イスタンブールッ子たちにとって日常的な交通手段

天気の良い日などは船で対岸に渡る方法もとても気持ちがよいのでおススメ。カドゥキョイへはエミノニュやカラキョイ、カバタシュ、ベシクタシュ港から船が出ています。ボスポラス海峡を渡る船からは超絶景だし、大きなヴァプールと呼ばれる市の船であれば、船内でチャイや軽食もいただけます。時には歌やギターを弾く人などが現れる場合もあり、地元トルコ人たちに混じって乗船する30分弱の道のりがなんだかステキに楽しく感じられることも。

 

カドゥキョイのおススメレストラン

カドゥキョイ

カドゥキョイ中心部には、レストランが並ぶ通りも

カドゥキョイは野菜や魚の市場が盛んなこともあってか、「庶民的で美味しいモノ」がたくさん揃う街。頑固に「カドゥキョイ本店」を守り抜く名店も多くあります。街歩きをしていても魅力的に見えるお店がたくさんある中から、ここでは代表的なお店をご紹介。

チヤ

チヤ

ここの南東料理を食べようとヨーロッパ側から来るお客さんも多い

知る人ぞ知る、イスタンブール随一の人気店。トルコ南東地方の郷土料理専門ロカンタで、自然食材を元にした変わり種メニューが盛りだくさん! タイムや桑の実のシロップから始まり、乾燥フルーツで甘みを出した野菜の煮物やマメ系料理、パイ生地に包まれたピラフ、そしてシメはクルミやトマトのスイーツなど、コースで楽しんでもまだまだ食べ足りないほど、珍しい料理が盛りだくさんに並びます。

<DATA>
Ciya Sofrasi (チヤ・ソフラス)
住所:Caferaga Mah. Guneslibahce Sok. No:43
TEL:0216-330-3190
営業時間:毎日11:00~22:00(ただし20時以降は料理の種類が少なくなる)

ヤンヤル・フェフミ

ヤンヤルフェフミロカンタス

ロカンタというよりレストラン的なメニューがそろう

1919年創業で、イスタンブール・アジア側では最も古いといわれる老舗ロカンタ。その味の確かさゆえに、行きつけにしている人たちも多いのだとか。実際、ロカンタ料理にありがちな「脂っこさ」とか「煮込み過ぎのドロドロ感」がなく、何を食べても上品に美味しい!

<DATA>
Yanyali Fehmi Lokantasi (ヤンヤル・フェフミ・ロカンタス)
住所:Osmanaga Mah. Yaglikci Ismail Sok. No:1
TEL:0216-336 -3333
営業時間:毎日9:00~22:00

サイラ・マントゥ

サイラマントゥ

日本人には割と人気のトルコ料理、マントゥ

1969年創業の老舗マントゥ専門店。マントゥとは中国でいう水餃子的な食べ物で、トルコではヨーグルトをかけて頂きます。ケバブや肉料理にちょっと飽きた頃に食べると、どこか懐かしい美味しさが感じられるマントゥ。美味しいマントゥレストランを見つけるのが難しいイスタンブールで、このサイラ・マントゥは貴重な存在です。ひき肉炒りの薄揚げパン的な軽食、チーボレキも絶品なのでおススメ。

<DATA>
Sayla Manti (サイラ・マントゥ)
住所:Bahariye Cad. Nailbey Sok. No:32
TEL:0216 -336-2675
営業時間:毎日11:30~21:30(ラストオーダー21:15)