【新商品】 LIXIL

磨き床タイル「メトロポリスII」「上がり框(かまち)II」、外床タイル「メトロポリスII外床」など
5種を発売


防水性や耐候性に優れ、メンテナンスも楽なタイル。カラーバリエーションやデザインも豊富で、さまざまな空間にコーディネートすることも可能。最近では、水まわりや玄関ポーチ、テラスなどはもちろん、リビングやダイニング、廊下などの床に利用するケースも増えている素材です。

LIXILからは、戸建住宅・集合住宅向けに統一感ある空間を生み出す磨き床タイルとして「メトロポリスII」や「上がり框(かまち)II」、および外床タイル「メトロポリスII外床」など5種が、INAXブランドから発売されます。
LIXIL

磨き床タイル「メトロポリスII」「上がり框II」および外床タイル「メトロポリスII外床」のコーディネート例

磨きタイルは、磁器タイルの表面を研磨して鏡面状にしたもの。硬度が高く、天然大理石のように経年変化で光沢が大きく減退することがないのも特徴です。新しく発売されたのは、色のトーンを合わせ、組み合わせて使用することができる磨き床タイル「メトロポリスII」と「上がり框II」、外床タイル「メトロポリスII外床」。そして、大理石を模したトラバーチン柄の「ティボリ」、砂の流れ模様がアクセントの「サンドストーン」の5種類。

「メトロポリII」は、高級感を演出する磁器セラミックス磨き床タイル。色のトーンを合わせた外床タイル「メトロポリスII外床」を用いれば、つながりのある玄関を演出できるでしょう。「上がり框(かまち)II」は、「メトロポリスII」や「メトロポリスII外床」となじむ質感と色合い。框の高さは、戸建住宅向けの150mmと集合住宅向けの70mmが用意されています。

また、「ティボリ」は、トラバーチン柄の美しい流れ模様が特徴、「サンドストーン」は、砂の流れ模様がアクセントの磨き床タイルです。

タイルは木材と比べ熱伝導率に優れ、反りや割れなどの暴れの少ない材質から床暖房の仕上げ材としても適した素材。汚れが染み込みにくく落としやすいので、お手入れも簡単なのも魅力です。美しい素材感を持つ磨きタイルは、さまざなま空間を演出することができるでしょう。


■商品概要 <実寸法 厚さ メーカー希望小売価格(工事費別) ※カッコ内は税込み>
・磨き床タイル「メトロポリスII」(8色)
300角平  297×297mm  9.5mm  9,700円(10,185円) /平方メートル
600角平  600×600mm  9.5mm  9,700円(10,185円)/平方メートル

・外床タイル「メトロポリスII外床」(8色)
300mm角平  295×295mm  12.0mm  9,700円(10,185円)/平方メートル

・磨き床タイル「上がり框(かまち)II」(5色)
(150+70)×1200角かまち (150+70)×1200mm  13.0mm  17,800円(18,690円)/枚
(90+150)×1200角かまち (90+150)×1200mm  13.0mm  17,800円(18,690円) /枚
70×1200角付けかまち  70×1200  11.5mm  8,200円(8,610円) /枚
150×1200角付けかまち  150×1200  11.5mm  8,200円(8,610円)/枚

・磨き床タイル「ティボリ」(3色)
300角平  299×299mm  10.0mm  9,700円(10,185円) /平方メートル
600×300角平  600×299mm  10.0mm  9,700円(10,185円) /平方メートル
600角平  600×600mm  10.0mm  9,700円(10,185円)/平方メートル

・磨き床タイル「サンドストーン」(4色)
300角平  297×297mm  9.5mm  9,700円(10,185円) /平方メートル
600角平  600×600mm  9.5mm  9,700円(10,185円)/平方メートル


■詳細情報  LIXIL 





匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。