無垢材は切り出した天然木の一枚板を加工したもの

新築やリフォームの際に多く取り入れられている床材(ゆかざい)は、木質フローリング。木質フローリングには、無垢材(単層フローリング)と複合(複層)フローリングがあり、一般的には、複合フローリングが広く用いられています。

しかし、天然木の持つ風合いや肌触り、木目や色味の美しさなどに魅力を感じ、無垢材を希望する方も多くみられます。無垢のフローリングとは、切り出した天然木の一枚板を加工したもので、建材商品としては、国産材や輸入材など、さまざまな樹種が豊富に揃っています。

床材の選び方によって空間のイメージは大きく変わる(写真はイメージ)

床材の選び方によって空間のイメージは大きく変わる(写真はイメージ)


無垢フローリングのメリットデメリット

■メリット 保温性や調湿性が高い。経年変化を楽しめる
無垢材は、一般的に、空気を多く含んでいるので保温性や断熱性が高いこと、湿気の多い季節は余分な湿気を吸収し、乾燥しがちな季節は排出する調湿作用があることが特徴です。夏は素足で歩いてもべとつかず、冬は静電気を抑えるのも魅力。柔らかい樹種であれば弾力性もあるので、足腰への負担は少ないでしょう。

また、無垢材は、年を経るごとに、色味や艶など、より深い表情が生まれるもの。住まいや暮らしの歴史を感じさせ、時間とともに楽しむことができる素材といえるでしょう。

■デメリット 反りや割れなどが生じることも
無垢材は、湿度の変化によって、膨張と収縮を繰り返すので、場合によっては、反りや割れなどが生じることも。最近では、耐久性や寸法安定性を高めるため、特殊な加熱処理を施した商品もみられますが、基本的に、素材や塗装方法に合わせたお手入れは必要ですし、傷などへの配慮も欠かせません。

また、素材や商品にもよりますが、複合フローリングに比べて、価格が高くなるケースが多いでしょう。

広葉樹と針葉樹  色や木目の美しさなど豊富な樹種が

無垢材は、広葉樹と針葉樹のふたつに分類することができ、広葉樹は、オーク、チーク、ウォールナットなど。針葉樹は、スギ、ヒノキ、パインなどが挙げられます。

一般的に、内装材に用いる広葉樹は、重く硬いのが特徴で、強度があり傷が付きにくい材。針葉樹は軽くて柔らかいため、歩行感や肌触りの良さが特徴でしょう。それぞれ数多くの樹種があり、フローリングに用いられる商品も豊富なバリエーションが揃っています。

主な樹種には、以下のようなものが挙げられますが、材質や名称、産地など異なるケースもあるので、検討する際には商品としての建材の特性を確認することが大切です。
やさしい自然の雰囲気のインテリアが生まれる(写真はイメージ)

やさしい自然の雰囲気のインテリアが生まれる(写真はイメージ)

■広葉樹
・オーク(ナラ)
硬木で、耐久性にも優れるため、フローリングに適する材。ホワイトオークやレッドオークなど、さまざまな種類がありますが、一般的に、木目が美しく、明るい色合いが特徴です。家具や洋酒の樽などにも用いられています。

・ビーチ(ブナ)
緻密な材質で、堅く粘りがあるため、構造材や家具などにも使用されています。淡褐色の心材(原木の中心部分)、白色がかった辺材(心材を囲む外周部分)で、板目に現れる細かい斑点状の紋様も特徴です。

・メープル
曲げや圧縮強度に強く、傷や衝撃に強く、耐摩耗性にも優れた高級感のある材。明るい色合い、表面のきめの細かさも魅力。家具や楽器などの材料としても用いられます。

・チーク
強度に優れ、収縮が少ない高級材。耐久性や寸法安定性が高いことから、内装材や家具、船の甲板などに用いられています。重厚感のある味わい深い色合いが魅力の材です。

・ウォールナット
広葉樹の中でも高級の樹種。衝撃に強く、耐久性も高い材。落ち着きのある色合い、重厚感のある木目が特徴で、家具やドアなどにも使用されています。

・バーチ(カバ)
強度もあり、狂いの少ない材。緻密で塗料のりがよく、美しい淡い色合いが特徴です。

・タモ
はっきりとした木目が美しく、堅く粘りのある材。すっきりとした明るい色合いが魅力です。

■針葉樹
・スギ
日本人には馴染み深い国産の針葉樹の代表的な木材。産地として有名なのは、秋田、天竜、吉野など。保温性があり、柔らかい足触りも魅力。木目はまっすぐで、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色。加工しやすいため、造作や家具などにも用いられています。

・ヒノキ
日本を代表する高級材。産地としては木曽が有名。特有の芳香や光沢があり、水にも強く、耐久性もあるため、柱や家具、浴槽などに使用されています。

・パイン
針葉樹の代表的な材。伐採国や地域によって材質や風合い、強度などが異なります。比較的柔らかい材なので、あたたかみがあり、素足で歩く床に向いています。

・アカマツ
脂分も多く、弾力性や耐久性も良い、日本を代表する材。構造部材にも使われています。

樹種の木目や風合いを生かした塗装仕上げを

無垢フローリングの建材商品には、無塗装と塗装済みのものがあります。無塗装のタイプは、多くの場合、現場で何かしらの塗装仕上げを行います。塗料の種類や色など好みに合わせて選ぶことができるのがメリットでしょう。

塗装済みのタイプは、そのまま施工することが可能。最近では、アンティーク風の仕上げ、ヴィンテージ加工を施した商品などもみられます。

色や艶が深くなり、経年変化を楽しむことも(写真はイメージ)

色や艶が深くなり、経年変化を楽しむことも(写真はイメージ)
 

■自然オイル仕上げ
無垢材ならではの、無垢の質感や風合いを感じることができるのが特徴。最近では、植物油を原料とした自然塗料を用いたものが多く、表面に塗膜をつくらずに木材に浸透させ木材を保護します。傷がつきやすいという欠点もありますが、傷部分に紙やすりを掛けオイルを塗り込むことでメンテナンス可能。調湿性も維持することができるのもメリットです。

■ウレタン塗装仕上げ

合成樹脂の主成分がウレタン系の塗料。表面に薄い膜をつくる様な塗装のこと。耐水性があり、傷がつきにくく、手入れが楽ですが、素足で歩くとベタつきを感じることも。UV(ウレタン)塗装と呼ばれるものは、紫外線によって強い塗膜を形成するものです。

床暖房や遮音機能を持つタイプも

床暖房は人気の設備機器のひとつですが、無垢のフローリングでも取り入れることは可能です。素材や商品は限定されますので、選ぶ際には好みの樹種や建材商品が対応できるか、床暖房の方式などに制限があるか、早めに設計担当者に相談しておくことが大切です。

また、遮音性能を持たせたタイプもみられます。表面材と遮音材を一体化したものなど、マンションリフォーム時などで使用しやすい直貼りタイプの商品も。その他、リフォーム時に適する、重ね張り用のタイプなどであれば、既存の床材に重ねて施工することができるため、工期を短くすることが可能でしょう。

木目や色味は多種多様。サンプルで確認を

無垢フローリングの建材商品は、さまざまなタイプが揃っていますが、同じ樹種でも、樹木の育った環境や丸太のどの部分の材かによって、木目や色味は異なるので、選ぶ際には、必ず見本で確認すること。可能であれば、ショールームの大きなサンプルで比較検討することも大切です。

また、施工方法など、専門的な知識も必要なので、間取りプランや予算はもちろん、色合いや木目、節、塗装など、優先順位を明確にして設計担当者に伝え、適する樹種を提案してもらうのもいいでしょう。

素材の特徴を理解してメンテナンスを楽しむ気持ちで

年月が経つほどに自然な光沢が増して、味わい深くなっていく無垢材。色や木目にバラツキがありますし、節の有無によってもイメージも異なります。素材や塗装方法に適したお手入れ、傷やシミにも注意が必要なので、選ぶ際には、メンテナンスの時期や方法などもしっかりと確認をすることが大切です。

素材や塗装などによってお手入れの方法は異なりますが、無垢材を取り入れる場合は、自然素材ならではの特徴を楽しむことができる、味わいとして受け止めることができる、そんな大らかさも必要なのかもしれません。


【関連記事】



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。