なんとも自由なのがいい七福神めぐり

この年明け、新宿の街を散歩していると七福神めぐりをしている人をよく見かける。人気が高まっているようだ。そういえばまだ「新宿山ノ手七福神」を記事にしていなかったことに気づき、あらためて歩いてみた。

「七福神めぐり」がいいのは自由なところ。毘沙門天、大黒天、辨財天、福禄寿、寿老人、布袋和尚、恵比寿神という7つの神様をお参りするのだけれど、神社もあればお寺もあるという自由さがいい。そして、まわる順番も自由。どこからどうまわってもいいのだ。そして、ただ参拝するだけなら無料というのもうれしい。
開くとマップなどがある

「新宿山ノ手七福神」のパンフレット

このパンフレットを開くとこんなかんじ。横長の地図になっている。新宿駅から飯田橋駅(あるいは神楽坂駅)にいたる東西に長いルートだ。
地図や神様の解説などがある。

「新宿山ノ手七福神」のパンフレットを開いたところ

地図はとてもわかりやすいので、これさえ持って出かければすぐに七福神めぐりができる。このパンフレットは公式サイトからもPDFでダウンロードできる。こちら。

そうそう、七福神めぐりはどの期間に行うのかご存知だろうか?やっぱりお正月?正解は、一年中いつまわってもOK。お正月は初詣と重なって特に人気の時期、ということのよう。思い立ったが吉日、とにかく出かけてみよう。