フォリフォリのカラフルバッグとコートのコーデ法

黒やグレーなど、つい重くなりがちな冬のファッションに、主役級のビビッドカラーのバッグをエッセンスして個性を演出したいもの。しかし、華やかなバッグを持つと、ついつい無難なカラーのコートと併せがち。そこで今回は、ベーシックカラー以外のワンランク上のコーデ法を伝授。今回は、Folli Follie(フォリフォリ)から紹介されたバッグをコーディネートしていきます。


王道のサーモンピンク

人気ナンバーワンのカラーといえば、ピンク系のカラー。その中でも特に、甘すぎず大人の女性にも人気なのが、サーモンがかったピンク色です。
フォリフォリ

フォリフォリ/ハートフォーハート コレクション/ピンク/3万3600円


フォリフォリから紹介されたたのが、キルティング加工がラグジュアリーな印象を演出するボストンタイプのバッグ。重いものを入れた時には、付属のショルダーストラップを肩にかけて持つこともでき、実用性が高いのも人気の秘訣です。


グレーやアイスブルーのコートとの相性がGOOD


まずは、ベーシックカラーとの相性をチェック。

ピンク系全般のバッグは、総じてグレーやブラック、ホワイトなどの無彩色カラーとの相性が良いといえるでしょう。その中でも定番なのが、グレーとピンクのコーディネート。
コート

グレートピンクのコーディネート


黒だとバッグだけが目立ちすぎ、白だと全体的に子供っぽい印象になってしまいますが、グレーであればバッグとコートの全体のバランスが調和します。

続いて、色物のコートを合わせる時におすすめなのがアイスブルーという色合い。ブルーの中でも、やや彩度と明度が低めで、上品な色合いがポイントです。

フォリフォリ

アイスブルーのコートとピンクのコーディネート


但し、同じブルーでも、少しマジェンダがかったブルーを選ぶべき。イエロー寄りのブルーだと、いわゆる水色と呼ばれるカラーになってしまい、ピンクと併せた時にチープな印象になってしまいます。

アイスブルー

イエローがかったブルー(左)と、マジェンダがかったブルー(右)