お正月の沖縄情報 2014

okazari

沖縄の正月飾り。注連縄の形が本州とは違うのが興味深いです

今年のお正月休みはカレンダー的にはとってもいい塩梅。ごくごく普通に見ても9連休。前後して有給をくっつけて、しっかりとお休みを取るという人も多いのではないでしょうか。ハワイやオーストラリアなど海外旅行もいいですが、年末年始を気軽に行ける暖かな沖縄で過ごそうと旅の予定を立てている方も少なくないはず。

近年はお正月といっても、都内近郊ではせいぜいお店がお休みなのは元旦だけ。ここ最近は元旦も営業している店が圧倒的に増えている印象なので、あまりお正月という感じがしませんね。同じような感覚で沖縄へ行くと、想像していたよりもお正月はしっかりお休みとなっている印象を受けるかもしれません。もちろん、沖縄は観光地なので観光客を相手にしたお店ではお正月に関係なく営業。旅行者が困るということはありませんが、一般のお店は那覇の街中でも基本的にお休みなので、通りもいつもと違って静かになります。ということで、今回は年末年始でも楽しめる観光情報をお知らせします。

お正月の那覇の街

naha

国際通りを一本入ると、観光目抜き通りでも半分くらいのお店はお休み

那覇観光の拠点となる国際通にはお正月も、旧正月も旧盆もありません。元旦といえどもかなりのお店が営業しているので、とりあえず食事やお土産ものを買うなら国際通りへ行きましょう。ただ、営業していると言ってもそれはメイン通りだけで、一本裏通りへ入るとほとんどのお店が閉まっています。観光スポットとして人気の牧志公設市場とその周辺のお店も三が日の間はほとんどがお休みとなるのでご注意を。国際通り以外のレストランや居酒屋も基本的には三が日の間は営業していないので、お目当てのお店がある場合は事前に何日から営業になるのか調べておくといいでしょう。

また、国際通りからちょっと歩きますが、ゆいれーるの安里駅にある栄町市場はごく一部のお店のみ元旦から営業しています。

ショッピング

chatan

年中無休で、ブティック、レストラン、映画館などの商業施設が揃うアメリカンヴィレッジ ©OCVB

ショッピングを楽しみたいという人にとって朗報なのは、おもろまちにあるDFSと那覇からちょっと離れますが、豊見城市にあるあしびなーアウトレットモールが元旦から営業していること。普段と同じように買い物を楽しむことができます。

沖縄へ行ったら焼き物を買いたいという人が気になるのが壺屋やちむん通りのお店の営業状況。こちらも観光客に人気のスポットなので、ちゃんと元旦からオープンしているギャラリーや工房があります。ただ、普段より営業時間が短いお店もあるので、買い物をしたい人はなるべく早めの時間に訪れたほうがいいでしょう。一方、読谷のやちむんの里はお正月はお休みとなりますので、訪れたい人は三が日明けに予定を組むようにしてください。

若者に人気の北谷の美浜アメリカンヴィレッジも基本的には年中無休で元旦の日から営業しているお店がほとんどなので、観光客にとって買い物や食事に使える強い味方です。ただ人気の民謡居酒屋カラハーイは、元旦のみお休みのようです。また、コザの街はほとんどのお店が三が日は明けないとオープンしないようです。