せっかくクリスマスツリーを飾るなら、ツリーだけが目立ってしまうのではなく、リビング全体の雰囲気が良くなるようなディスプレイを心がけたいもの。でも、気が付いたらツリーだけが目立っていて、とってつけた感が強調されてしまうことも……。

リビングに馴染むクリスマスツリーの飾り方

クリスマスツリー、上手に飾れていますか? お客様を迎える前に、基本の飾り方をチェックしましょう。リビングとツリーをトータルコーディネートする方法も併せてご紹介します


ツリーの飾りつけってけっこう面倒だから、あまり手の込んだことはしなくない、というときは、効果的なひと工夫で、見違えるようなリビングに! たったそれだけ? と思えるくらいの超簡単なコーディネートのコツをご紹介します。

<もくじ>
●基本的なクリスマスツリーの飾り方
●リビングに馴染むクリスマスツリーの仕上げにはクッションを
●オーナメントとクッションはカラーを統一
●クッションを買いに行く時間がないときは?


基本的なクリスマスツリーの飾り方

クリスマスツリーを出す時は、ツリーを飾ることだけに気をとらわれがちです。まずは、ここにツリーを飾ります、と高らかに宣言すべく、ラグを敷きましょう。雪を思わせる白のファーもおススメ。

リビングに馴染むクリスマスツリーの飾り方

クリスマスツリーを飾るときは、空間を意識して。ツリーを飾るスペースをきっちり確保するのが重要です。ご自宅のツリーは三角形を描けていますか?


そして、不格好な足元はボックスやぬいぐるみなどで隠します。こうすることで、たとえツリーが小さめでもボリューム感のあるツリーにできますし、ツリーのてっぺんから床面までの三角形を描くことで、安定感も出ます。あとはオーナメントを飾ればおしまい。簡単ですね。

ところが、クリスマスツリーの飾りつけは問題なくても、場合によってはリビングの中でツリーだけが微妙に浮いて見えることがあります。そんな時に頼れるのは、意外にもクッションでした。次のページで解説します。