焼き菓子が秀逸のお店「SUSUCRE」

中地下にあるお店の概観。

中地下にあるお店の外観

先日、案内地図を頼りに、ひとりてくてく人気の焼き菓子屋「SUSUCRE」へ行って来ました。その外観といい清潔な白いお菓子のお家のようで、近所や遠くからいらっしゃる、特に小さな子供のお客様には愛されていることが伝わって来る可愛い空間でした。

中地下に続く階段をほんの少し降り、扉を開けると、小さな店内に所狭しと並ぶ焼き菓子の数々。50~60種はあるという、その種類の豊富さにまず圧倒されます。たとえば、パティスリーなどではどうしても生菓子のケーキなどがメインに飾られ、焼き菓子はわきの棚などに並べられる感じでしょうが、ここでは焼き菓子が堂々の主役。保存料を使っていない焼き菓子のケーキ、クッキー、パイがずら~っと並んで笑顔で迎えてくれました。

上左/焼き菓子セット1undefined1800円undefined上中央/焼き菓子セット2undefined2300円undefined上右/焼き菓子セット5undefined2300円undefined下左/焼き菓子セット3undefined3300円(税込)undefined下右/焼き菓子セット4undefined4000円(すべて税込)

上左/焼き菓子セット1 1800円 上中央/焼き菓子セット2 2300円 上右/焼き菓子セット5 2300円 下左/焼き菓子セット3 3300円(税込) 下右/焼き菓子セット4 4000円(すべて税込)


ちなみに、SUCREは、フランス語で「お砂糖」「甘い」という意味。それを、より可愛らしくしたという店名のSUSUCRE(シュシュクル)は、クッキーのサクサクッという美味しい音のように耳に心に響きます。私も実際に7、8種類ほどいただきましたが、どれも懐かしく優しい味がして幼い頃に帰るような心持ちになりました。

母の日は日持ちがして喜ばれる焼き菓子を

スイーツ人気は年々高まる一方で、素材にはとことんこだわって良いものを使いつつも、昔からある素朴なものが結局は選ばれているように思います。母の日にも、「やっぱり甘いものがいいな」と思い描く方は多いのではないでしょうか。甘いものは小さな幸せを運び、円満な笑顔に包まれるイメージがあります。自分が食べておいしかったものは、ふるさとや遠くにお住まいのお母様や義理のお母様にも味わってもらいたいと誰もが素直に感じるのでは?

特に、何を贈るべきか悩みがちの、好みが明確にわからない場合、そして目上の方であればなおさら、いわゆる「消えもの」である食べ物を贈るのが一番です。おいしいのはもちろん、サクサク、しっとり、もちもちと色んな食感が楽しめるのも嬉しいポイント。日持ちも2~3週間と長い焼き菓子は贈り物に最適ですね。


オリジナルBOXにも喜ばれるポイントが

オリジナルBOX3種

オリジナルBOX3種

さて、SUSUCREのオリジナルBOXは3種類、白の四角い箱(大250円、小200円)とあずき色の丸い箱(200円)があります。箱に描かれた「いつも 一緒」というイメージでオーダーされたイラストは、オーナーシェフの下永恵美さんが大好きという、誰もが幼い頃読み親しんだ、あの「ぐりとぐら」の作家・山脇百合子氏によるもの。

午後のほっと一息つきたい時間に、あると嬉しい”ちょっと甘いもの”。あなたのお母様にもこの小さな幸せを、感謝をこめて贈り届けてはいかがですか?

やきがしや SUSUCRE(シュシュクル)
〒154-0002 世田谷区下馬2-2-18-B1
TEL:03-5856-6284  FAX:03-5856-6285 
営業時間:10:00~20:00  定休日:水曜日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。