モノでゴチャゴチャの暮らしにうんざり……。もっと身の回りをスッキリさせて、ゆったり暮らしたい。「シンプルライフ」を目指したい。では、シンプルな暮らしって、どんなもの?

シンプル=最小限?

モノに振り回されない、居心地のいい暮らし……シンプルライフ

モノに振り回されない、居心地のいい暮らし……シンプルライフ

「シンプルライフ」って、どんな暮らしだと思いますか? よく言われるのは、「無駄を排して、必要最小限のモノで暮らすこと」。確かに、徹底的にモノを減らすことで、暮らしはシンプルになりそうですね。では、無駄なモノって何でしょうか。必要最小限って、どの程度を言うのでしょうか。

「最小限」って何が何個?

これが、実はとってもむずかしい。夫婦を例に考えてみましょう。

妻は、夫がことのほか大切にしているクラシック・レコードのコレクションを、「あんな汚いアナログ盤を、後生大事にしちゃって……。場所ふさぎよ! 売るとか、捨てるとか、すればいいのに……」と、内心快く思っていません。

夫はといえば、「よくまあ服ばっかり、あんなに集めるもんだ。バブル時代のスーツ、いい加減捨てようよ……もう絶対、入らないって!」

こんな風に、人生をシェアしている夫婦でさえ、無駄なモノ、必要なモノは異なっています。

「最小限」は一人ひとり違う

他人の持ち物は、えてして無駄に見えるものです。必要最低限なんて、住んでいる土地や体質、所属する社会層によって、千差万別に変わるもの。「お皿は何枚、靴は何足……」なんて、予め決まっていて、それに従ってさえいれば、シンプルライフが完成するならラクですが、実際はムリ。万人共通のシンプルライフのスタイルなんて、どこにもありません。

「シンプルライフ」=「ちょうどいい暮らし」

シンプルライフというと、モノが少なければ少ないほどいいように思ってしまいますが、それでは単なる我慢大会になってしまいかねません。シンプルライフとは、
「モノのない暮らし」ではありません。「モノに振り回されない暮らし」なのです。モノに振り回されることがないなら、どんなに沢山のモノを持っていてもいいのです。ただし、それは多くの場合、とても難しいことのはずですが。

自分で見つけるシンプルライフ

つまり、シンプルライフで大切なことは、モノの数ではなく、
  • 足りないモノも、過剰なモノもない、自分にとってちょうどいい規模の暮らしであること
  • 心と体が健康で、リラックスできる暮らしであること
であるといえるでしょう。そしてそれは、自分以外の誰にもわからないし、自分で探していかなければならないものです。

このサイトでは、一人ひとり皆違う私たちが、一人ひとりのサイズに合った、ちょうどいい暮らしを考えることを通じて、質の高いシンプルライフを考えていきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。