世の中のトレンドは、ダウンサイジングです。たとえば、クルマの世界ならば、ジャガーのサルーンでさえ、この波に逆らうことができず、排気量を小さくして、2.0Lのエンジンを搭載するほどです。

このトレンドは、IT機器のタブレットに当てはまらないかもしれませんが、拡大一辺倒の傾向がこの『iPad mini Retinaディスプレイモデル』キッカケで大きく変化する可能性があります。大転機の可能性を持ったiPad mini Retinaディスプレイモデルのレビューをおとどけします。
iPad mini Reinaディスプレイモデル。スペースグレイ

iPad mini Reinaディスプレイモデル。スペースグレイ



 ジャイアントキラー現る

2013年11月12日の夕方から発売が開始されたiPad mini Retinaディスプレイモデルには、最新の64ビットプロセッサーA7とM7モーションコプロセッサーが搭載され、ストレージ容量は最大で128GB、5メガピクセルの裏面照射のiSightカメラ、1.2メガピクセルのFaceTimeカメラ、デュアルチャネル・MIMO技術を搭載したWi-Fiを搭載しています。

約半月前に発売されたiPad Airと比較しても、スペック表からは「大きさ」と「重さ」くらいしか違いを読み取ることができません(実際は、iPad Airの方がCPUクロックが高いようです)。

IT業界は、こうした変化をすんなりと受け入れてしまいますが、長年かけてヒエラルキーが構築されているような業界であれば、一大事となっているはずです。

iPadとiPad miniのサイズ比較(1)

iPadとiPad miniのサイズ比較(1)

iPadとiPad miniのサイズ比較(2)

iPadとiPad miniのサイズ比較(2)

iPad mini Retinaディスプレイモデルは、10インチクラスのタブレットと比較しても、遜色ない性能を備えており「ジャイアントキラー」と呼べるかもしれません。クリスマスシーズンの需要は、この小さなタブレットがすべて喰い尽くす可能性があるほどのポテンシャルを秘めています。

次のページでは、大を喰らう小さなタブレットが、どのような仕上がりや意味を持って、我々の前に登場したのか迫っていきます。