サイドにボタンのない斬新なデザインに注目「G2 L-01F」

「スマートフォンってどれも、形やデザインが似たり寄ったりでつまらない」という声を耳にします。確かにケータイでは、2つ折り、スライド、ストレートなど、いろいろな形が選べましたが、スマホは今、ほとんどのモデルが板状のデザインを採用。最近は大画面ディスプレイを搭載する機種が増えていることもあって、形やデザインで機種毎の個性を出すのは、ますます難しくなっています。そんな中にあって、久々に「このデザインは、ちょっと新しいかも」と思わせてくれたのが、ドコモから発売中のLG製スマートフォン「G2 L-01F」です。

ディスプレイは約5.2インチのフルHDで、最新のスマートフォンの中でも最大クラス。にもかかわらず本体サイズは高さ約139mm×幅約71mm×厚さ約9.2mmと、大画面の割に思いのほかコンパクトにまとまっています。実際に手にしてみても、大きすぎて手に余るといった感じを受けなません。大画面なのに、程良く持ちやすいサイズ感を実現している……という印象です。
約5.2インチの大画面ながら、大きすぎず持ちやすいサイズ感。女性の小さな手でも、ちゃんと持てるスマホになっています。

約5.2インチの大画面ながら、大きすぎず持ちやすいサイズ感。女性の小さな手でも、ちゃんと持てるスマホになっています。

ディスプレイの周りの額縁部分をできるだけ狭くしていることや、スリムで背面がラウンド状になっていることも、持ちやすさの理由のひとつ。しかしデザインの最大のポイントは、側面にボタン類が一切ないということです。多くのスマートフォンでは、左右の側面に電源ボタンや音量キーが配置されていますが、「G2 L-01F」の側面には何もありません。だから誤動作を恐れずに安心してギュッと握り込める。これが持ちやすさの最大の理由です。

では電源ボタンや音量キーはどこにあるのかというと、背面の中央、カメラレンズの下に配置されています。実際に手にしてみるとわかりますが、この場所は左右どちらの手で持っても、人差し指がかかる位置。人差し指で、電源ボタンや音量キーを操作する方法は、慣れると実にスムーズですし、なんと言ってもボタン操作のために端末を持ち替える必要がありません。
左右どちらの手でも人差し指で電源と音量が操作できます。少々慣れは必要ですが、このボタン位置は案外便利かもしれません。

左右どちらの手でも人差し指で電源と音量が操作できます。少々慣れは必要ですが、このボタン位置は案外便利かもしれません。

たとえば「iPhone」では、画面の右上に電源ボタン、左側面に音量キーがあります。左手で持つ場合は、人差し指で電源ボタン、親指で音量キーを操作できますが、右手で持った場合、人差し指で電源ボタン、中指で音量キーとなってやや押しづらい。かといって使いやすい人差し指で、全部のボタンを操作するには、その都度持ち替えが必要になります。「G2 L-01F」ではこのような持ち替えをすることなく、しかも左右どちらの手でも同じように操作できるというわけです。
サイドにボタンが一切ないので、とてもすっきりとして見えます。厚さ約9.2mmスリムなのも、持ちやすさの理由のひとつです。

サイドにボタンが一切ないので、とてもすっきりとして見えます。厚さ約9.2mmスリムなのも、持ちやすさの理由のひとつです。

一方で、背面にボタンがあると、机の上に置いている場合などは、電源ボタンを押すためにいちいち持ち上げなければならず、ちょっと面倒です。そこで「G2 L-01F」には、電源ボタンを押さなくても机の上に置いたまま操作できるように、「ノックオン」という新機能が搭載されています。その名の通り、画面の中央をトントンとノックすると、画面が点灯するというもの。これならいちいち持ち上げなくても、操作することができます。机の上に置いているときだけでなく、手で端末を持っているときも、電源ボタンのようにギュッと押す必要がないので、スムーズに画面を点灯できる、大変便利な機能です。
親指で画面をトントンと軽くたたくだけで画面が点灯します。消したいときも同じように、ホーム画面の空いている場所をトントンとたたけばOK。

親指で画面をトントンと軽くたたくだけで画面が点灯します。消したいときも同じように、ホーム画面の空いている場所をトントンとたたけばOK。

次ページでは基本性能をチェックします。