mentawi

西スマトラのメンタワイはビギナーからエキスパートまで、レベルに応じてスポットが選べるそう

インドネシアのスマトラ島本土の西スマトラから西へ約150km、メンタワイ海峡をはさんだ沖に浮かぶ70あまりの島々からなるメンタワイ諸島。最大の島であるシベルート島、シプラ島、ニャンニャン島などからなり、一般的な知名度は低いものの、サーフトリップの憧れのスポットとして知られています。人気の理由はプレミアムな波がやってくるサーフポイント数が多いこと、そしてスポットのバリエーションが豊富なこと。エキスパートからビギナーまで、サーフィンを楽しむことができます。

メンタワイへのアクセスはインドネシアの首都ジャカルタからスマトラ島の州都パダンへ空路約1時間30分。パダンからメンタワイへ空路約1時間。今回ご紹介するリゾートへはボートで渡ります。

メンタワイのサーフトリップというと、ゲストハウス滞在やボートトリップが主流のようですが、インドネシアの旅行博覧会(TIME2013)にブース出展していた2つのリゾートが魅力的でしたので、ご紹介を。

地元文化に触れられるヴィラ、カンドゥイ・ヴィラズ

mentawi

ノンサーファーを連れて行っても満足できるリゾートを!との要望から誕生したカンドゥイ・ヴィラズ

mentawi

地元の職人が手作業で造り上げたヴィラ群。カービングなどの装飾に伝統文化の香りが

カンドゥイ・レフトの正面にあり、素晴らしいサンセットを拝めるリゾート。「ワイフや家族連れもOKなラグジュアリーなリゾートを!」というゲストの声から誕生しました。西スマトラの海を望むインフィニティプールやオーダー後に作る美味しい朝食、ホームメイドのココナッツオイルを使ったマッサージなど、秘境のサーフ天国にありながら、ナチュラルかつ心地いいリゾートステイが叶えられそうです。

 

mentawi

広々としたカンドゥイ・ヴィラズの室内

メンタワイの職人の手によって地元の建材で建てられた”ウマ”と呼ばれる伝統建築を踏襲したヴィラは、9棟の独立型と3室1棟の全12室。広々とした間取りで、伝統的な美しいカービングも目を楽しませてくれそうです。

サーフスポットはスピードボートで30分圏内に20カ所以上。ビギナーからエキスパートまで対応できるスポットがラインナップし、華麗なライディングを記念に残す写真やビデオサービスもあります。

<DATA>
Kandui Villas
住所:Mentawai, Indonesia
TEL:+62-8126640941
TEL:+62-751-841946
料金:315米ドル(サーファー料金、1日3食、ボートフィー込み)、250米ドル(ノンサーファー料金、3食付き)
アクセス:メンタワイ空港からスピードボートで約1時間

 

メンタワイで唯一スパを持ち、各種アクティビティが楽しめるアロイタ・リゾート&スパ

mentawi

プライベートアイランドに建つアロイタ・リゾート&スパ

mentawi

海の眺めを満喫できるアロイタのレストラン&バー

シプラ島のトゥア・パジェ(メンタワインの中心地)から船で10分足らずの小さなプライベートアイランド、シマカカンに位置。サーフィンのみならず、ダイビングや釣りなど各種マリンスポーツが楽しめる快適なリゾート。メンタワイの島々の中では比較的アプローチしやすい位置にありながら、隠れ家感を大切にしているそう。

有名なレフトハンダーの”テレスコープ”をはじめとするワールドクラスのサーフスポットへほんの少々のスピードボートの移動でアプローチでき、シークレットポイントやリゾートからパドルアウトできるスポットも。

各種マリンスポーツやハイキング、文化体験など、アクティブに過ごすこともできるけれど、海辺でのんびりと流れる時間を味わうこともOK。メンタワイで唯一スパ施設をもち、リラックスするには格好の環境にあります。

mentawi

毎日ベッドメイクと掃除が行われる、清潔なコテージ

客室はダブル・コテージが7棟とファミリーコテージが1棟。各戸はプライベート・ラナイを持ち、美しい白砂ビーチまですぐそば。清潔に保たれた室内にはミニバーやコーヒー&紅茶用のウォーター・ディスペンサーを装備し、アウトドアシャワーやストレージも。もちろんエアコン付き。

<DATA>
Aloita Resort & Spa
住所:Simakakang Island, Tuapejat, Mentawai Islands, West Sumatra – Indonesia
TEL:+62 (759) 320354
E-mail:info@aloitaresort.com
料金:ダブル・コテージ(1名利用:サーファー195米ドル~、ノンサーファー165米ドル~。2名利用:サーファー165米ドル~、ノンサーファー125米ドル~)※1日3食、1日につき2回のサーフセッション込み
アクセス:シプラ島のトゥア・パジェから船で約10分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。