無関心でも関心を持ってもらえるような働きかけを

夫の無関心は家計をコントロール不能にするかも

良かれと思った支出も、家計には大きな負担になっているだけかも。気が付いて減らせるのは、家族の指摘が重要です。

家計の中の過分と思える支出は、毎月必ず行くヘアーサロンやネイル、エステといった美容費。また娯楽費や交際費も若干多いようです。このあたりは奥さんも自覚していましたが、ご主人のためにも今の状況を何とか維持しなくては!と考えているようでした。

ですが、なかなか改善策が見つかりません。自分が働きに出るのも、ご主人を不安にさせると思い躊躇します。どうにもならないと思い、やっとの思いで夫に家計のことを簡単に打ち明け、私のところにご主人を連れてきました。

もしかすると離婚話にでもなるかも、と奥さんは心配していましたが、家計の専門家に相談していたことや話をする際に第三者が同席したこともあるのか、

「これからどうする?どうしたら収入でやっていける?」

と関心を持ってもらうことができました。そこからどんどん今までの家計の悩みを話しあうことができ、ご主人も「これは本当に必要なのか」「もっと安くする方法はないの?」「これは不要だ。もったいない」などと家計に意見をし始めました。離婚すら頭をよぎった家計の話でしたが、夫が協力的に話してくれたことに安心し、本音でやりくりについて意見を交換することができました。あとはうまく家計管理を実践するだけです。

お金の話は、やはり夫婦で共有

この一件以来、月に一度はお金の話をするようになれたそうです。その土台作りにと家計簿の記載をきちんとするようになった奥さんは、生活費の節約も無理ない範囲で心がけることができるようになってきました。

今まで過剰だったエステや美容院なども減らし、自分で楽しみながら手入れをして洋服も組み合わせを上手に変え、工夫していけるよう意識したら支出がぐんと減りました。

妻が気を緩めても、それを夫が支えでいる。その反対ももちろんあります。そんな、持ちつ持たれつが何より強い関係となるのではないでしょうか。

Yさんのように、家計を奥様が1人で抱えこんでしまうと、うまくいかなくなってしまう事が時々見受けられます。Yさんは相談に来るということができたので、解決へと運べましたが、他者に相談できない方は借金にまで手を出してしまう事もよくあります。

自分は家計管理は妻にまかせっきりだと思ったご主人は、この記事を読んだことをきっかけに、奥さんに家計のこと聞いて、相談にのってあげてはいかがでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。