明るさと省電力を実現する「WhiteMagic」とは

そしてF-01Fの最大の特徴となるのが、液晶ディスプレイです。F-01Fは従来と異なり、「WhiteMagic」という新しいディスプレイが搭載されているのです。

WhiteMagicが従来の液晶ディスプレイと大きく異なるのは、文字通り“白”です。通常のディスプレイは、赤・緑・青の3つの画素を組み合わせてさまざまな色を表現していますが、WhiteMagicはさらに“白”の画素をプラス。この白の画素によって明るさを補い、他のディスプレイより明るい色を実現している訳です。
F-01F

WhiteMagicと従来のディスプレイとの比較。同じバックライト光量ながら非常に明るいのが分かる

ディスプレイが明るいということは、2つのメリットをもたらします。1つは、屋外での視認性を高められること。日光が出ている屋外では、ディスプレイ側の明るさが不足すると見づらくなってしまいますが、WhiteMagicはその明るさを活かして、屋外での視認性を高めているのです。

そしてもう1つは、省電力性です。ディスプレイの発色が明るくなるということは、それだけバックライトが暗くてもよいということになります。バックライトはディスプレイが電力を消費する大きな要因の1つとなっているだけに、それを抑えることができるのは、バッテリー消費の面でも大きな影響をもたらすといえます。

次は、実際のバッテリー消費について、使用感をチェックしてみます。