山梨ブランドの雑貨やジュエリー

山梨発のプロダクトブランドは、すでに山梨を飛び出しているものも多く、一部は都内などでも購入可能で、必ずしも「山梨のお土産」という括りにはとどまりませんが、どれも山梨という場所だからこそ生まれたブランド。山梨を旅する機会にぜひチェックしてほしいので、こちらも合わせて紹介します。
 

新感覚の和紙ブランド、SIWA | 紙和

SIWA

SIWAの「トートバッグ」。新しい和紙「ナオロン」は耐久性にすぐれ、毎日ガシガシ使えます

平安時代から続く和紙の名産地、山梨県市川三郷の老舗和紙メーカー大直が手がける毎日使える和紙ブランド「SIWA | 紙和」。デザインは山梨県出身の工業デザイナー深澤直人さんが担当しています。

素材は同社が開発したオリジナル和紙「ナオロン」。和紙ならではの軽さや手触りの良さはそのままに、強度に優れているのが特長で、水にも強く、雨の日も安心して使えます。
 
SIWA

「ブックカバー」。カラーも豊富で選ぶ楽しみも

バッグやポーチ、帽子などアイテムやカラーバリエーションも豊富。使いこむほど出てくる風合いも味わい深く、私自身も名刺ケースやポーチを愛用中。日本国内に限らず海外でも人気を得ている山梨発のプロダクトです。

価格:「トートバックS」6000円税抜、「ブックカバー(文庫サイズ)」1300円税抜、「名刺ケース」2000円税抜など
販売場所:ショップリスト
HP:SIWA | 紙和
 

山梨の伝統工芸にデザインをプラス、カガヤカ

「KOSHU~(COLOR)DARUMA」

民芸工房がくなんの伝統工芸士・二代目 斉藤岳南氏が丁寧に作る「KOSHU~(COLOR)DARUMA」

山梨県の伝統工芸や地域産業資源に、デザインの要素を加えた新プロダクトを提案する「カガヤカ」。幼い時を山梨で過ごしたクリエイターたちが集まり、2012年から活動をはじめたプロジェクトです。これまでに山梨のすばらしい伝統工芸品や技術に改めて目を向けさせてくれる魅力的な商品を多数生み出してきました。

なかでも手軽なお土産にぴったりなのが「KOSHU~(COLOR)DARUMA」。約400年の伝統を誇る山梨の伝統工芸品「甲州ダルマ」に30色ものカラーバリエーションを用意し、より多くの人が手に取りやすいようにしたもの。かわいらしい雰囲気で、幅広い世代に人気です。
 
pierre et pierreundefined~ピエールピエール~

pierre et pierre ~ピエールピエール~

特別な人や自分用に買うなら、女性用ジュエリー「pierre et pierre」をぜひチェック。ブランド日本一の宝飾産地・山梨県の優れた研磨技術があったらからこそ生まれたブランドであり、指輪、ピアス、ネックレスなどアイテムも豊富です。
 
yoroi

印伝を施した「yoroi」のバングル

男性には「Japan Brave」をブランドコンセプトに掲げたメンズアクセサリーブランドが「yoroi」を。山梨の伝統工芸である甲州印伝を使ったバングルなど、どれもかなりカッコイイです!

「守り続けてきた職人の想いや商品が持つ歴史やストーリーなどを大切にし、皆が笑顔になれるものづくりを目指している」という同プロジェクト。山梨生まれのすばらしいプロダクトの数々を、ぜひ現地でもチェックしてみてください!

価格:「KOSHU~(COLOR)DARUMA」1296円税込(※「pierre et pierre」や「yoroi」のジュエリーは素材等で値段がことなるのでHPを参照)
販売場所:D&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS、岡島百貨店など(※アイテムにより異なるのでHPを参照)
HP:カガヤカ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。