パワーアップで、メインとして使えるスティッククリーナー

ダイソン デジタルスリム DC62 モーターヘッド プロ

ダイソン デジタルスリム DC62 モーターヘッド プロ


独自のサイクロン機構と高性能モーター・静電気が起きにくいカーボンファイバーブラシなどにより、微細なホコリを逃がさない、スティックタイプのコードレスクリーナー。今年の新製品では、モーターや電池パワーが進化し、キャニスターレベルのパワーを実現したとのこと。発売以来、その実力は広く知れていると思いますので、今回はオンラインストア限定の「モーターヘッド プロ」を中心に、その使い勝手をご紹介します。

 

集じん力が持続するポイント

Dyson Digital Slim DC62 モーターヘッド プロ

2層になっている15個のサイクロン部分が実感できる本体デザイン

DC62は、ダイソン デジタルモーター V6を搭載し、従来のモーターより最大で3倍・毎分110,000回転の高速回転で、高い吸引力を実現。2層になっている15個のサイクロンとカーフ本無頼のモーターヘッドで、微細なゴミをしつかり取り除きます。さらに「ニッケルマンガンコバルトバッテリー」を採用し、前モデルに比べ1.5倍のパワーとなったバッテリーで、変わらず吸引力のまま連続20分間の運転が可能となりました。
 
Dyson Digital Slim DC62 モーターヘッド プロ

手元のレバーを握ると電源がONになり背後のボタンが光る(※連続運転時間は、MAXで6分・弱で20分)

20分と聞くと「たったそれだけじゃ、時間が短いのでは?」と思う方も多いかと思います。しかし、実際に使ってみると、手元のレバーを握らないと電源ONにならない方式なので、無駄に電池を消耗せず、かなりの面積を掃除することが可能です。

実際ガイド宅では、この掃除機を洗面所に置いてあるのですが、毎日入浴前にサッとかける程度だと、1回の満充電で2週間以上は持ちます。洗面所の床だけであれば、実際に掃除をしている時間は1分以内ということでしょう。また、14畳くらいあるリビンクでも、十分しっかりお掃除ができます。そう考えれば、実稼働20分は十分な長さと言えるでしょう。
 
Dyson Digital Slim DC62 モーターヘッド プロ

5分程度掃除しただけで、しっかりゴミが溜まっている(※画像はDC62スタンダードモデル)

このような、独自の技術で実現している高い集じん力は確かなものです。実際吸ったゴミをみると、コードレスとは思えないほどしっかりゴミを吸い取っていました。これなら、本当にキャニスター掃除機か無くても大丈夫かもしれません。掃除機が変わりつつあるのを感じます。ちなみに、運転音も相変わらずパワフルです。気になる人は店頭でしっかり確認して下さい!