アメリカの大学が見出した「貸し借り」をスムーズにする秘訣

上手に貸し借りができる子になってほしい

上手に貸し借りができる子になってほしい

公園や自宅で、「○○ちゃんにおもちゃを貸してあげなさい!」と言っても、意固地になって、貸してあげない……。「どうしてうちの子は、うまく貸し借りができないんだろう?」と悩んでいるママは多いもの。ママとしては、お友達と仲良く遊んでもらいたいですよね。

こんな悩みを解決する「ある秘訣」を、アメリカの大学の研究チーム(*)が発見しました。

それは、

「大事なおもちゃを貸すか、貸さないかを子ども自身に決めさせる」

というもの。まずは、その実験の様子をご紹介しましょう。

この実験は、アメリカのコーネル大学が、3~5歳の子ども達を対象に行いました。

■実験の流れ
  1. 子ども達に、寂しそうにしているお人形「ドギー君」を紹介し、お友達になってもらう(実験では、このドギー君とのやりとりを計測)。
  2. 子ども達それぞれに、とても魅力的なシールを手渡す
  3. 子ども達を次の3つのグループに分ける

■3グループの内訳
  • シールを、ドギー君にあげるか、または、自分でキープするか、子ども自身が決めるグループ1
  • シールを、ドギー君にあげるか、または、手放すか、子ども自身が決めるグループ2
  • シールを、ドギー君にあげるように、大人から指示されるグループ3
その後、子ども達に、新たなお友達「エリーちゃん」を紹介しました。そして、手持ちのシールを何枚、エリーちゃんにあげられるかを観察しました。すると、一番多くのシールをエリーちゃんにあげられたのは、先の実験のグループ1の子ども達(シールをあげるか、自分のものにするか、自ら決断したグループ)だったのです。対照的に、グループ2とグループ3の子ども達は、エリーちゃんにすんなりとシールをあげることはできませんでした。

さて、ここで目が行くのは、グループ2の子ども達。このグループの子ども達も、グループ1の子ども達同様、自ら「決断」をしたのに、なぜ、グループ1で見られたような「貸し借り効果」が現れなかったのでしょう?

それは、決断の重さの違いでした。

グループ1の子ども達の決断は、シールをあげるか、自分のものにするか、でした。「魅力的なシールを自分のものにできる」という一番やりたいことがチョイスに含まれていました。それゆえ、このグループの子ども達は、あげるか、キープするか、という「重い決断」に迫られるわけです。

一方、グループ2の子ども達の選択肢は、ドギーにあげるか、それとも、手放すか。つまり、自分の手元には残りません。それゆえ、1の子ども達ほど、迷わずに済んだのです。


カエルと紙切れを使った実験でも同様な結果が!

別の実験でも同じようなことが分かっていて、
  • 大事なカエルのおもちゃを渡す決断を経験したグループ1
  • ちぎられた紙切れ(子どもにとって魅力的でないもの)を渡す決断を経験したグループ2
この2グループを比較すると、グループ1の子ども達の方が、その後の貸し借りが上手になりました。

*出典:Psychological Science (2013) 「Giving Preschoolers Choice Increases Sharing Behavior」より

>>次ページは、この実験のポイントをまとめた「貸し借りをスムーズにするコツ」についてです。