さまざまなミネラルウォーター

様々なミネラルウォーター

様々なミネラルウォーター

最近はいろんな種類のミネラルウォーターをコンビニやスーパーの店頭で見かけるようになり、飲食店などでもミネラルウォーターを選べるお店がちらほら出てきました。

それもそのはず。現在、国内だけでもざっと800種類以上のミネラルウォーターが市場に流通しています。中身の水は同じでもボトルデザインが違うものなどを含めると実際にはその倍ぐらいの種類があるようです。

これだけあると、どういう水を選んだらいいか悩むという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

産地(採水地)や硬度、含まれているミネラル、ボトルデザインなど選ぶ基準はいろいろありますが、案外見過ごされているのが、原水とその製造プロセスかもしれません。ミネラルウォーターは生まれ(産地)が大事なのは言うまでもありませんが、育ちも大事です。

ここではその簡単な見分け方についてご紹介しましょう。

ミネラルウォーターの4つの「品名」

ラベル

ラベル

もしお手元に商品があればボトルについているラベルをご覧ください。 そこに「品名」(もしくは名称)と書かれているのがそれです。 ミネラルウォーターの品名は以下の4つに分類されます。

・ナチュラルウォーター
・ナチュラルミネラルウォーター
・ミネラルウォーター
・ボトルドウォーター(もしくは飲用水)

「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」は、特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の化学的処理がされていないもの。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーター

両者の違いは、ミネラルが溶け込んでいるかどうかで、ミネラルが溶け込んでいれば「ナチュラルミネラルウォーター」です。ただ、その量の明確な規定はないので、どこからがナチュラルミネラルウォーターなのかという線引きは各製造者もしくは販売者がしているというのが現状です。 気になる方はご自身でミネラルの量を確認されるとよいと思います。

ちなみにこのミネラルはもともと採水地の土壌に含まれているものであり、自然の経過の中で溶け込まれたものです。

対して、「ミネラルウォーター」は、ナチュラルミネラルウォーターを原水としたもので、品質安定をさせるためのミネラルの調整やばっ気(水を空気にさらすことにより水中の微生物有機物の分解を促進させ浄水する行為)、原水の混合などが行われています。

そして上記3つ以外の水がボトルドウォーター、もしくは飲用水ということになります。まず上記3つと大きく違うのは、原水が地下水でないものも含まれるということでしょう。

また実際にはその4つ以外の品名で販売されている「水」もありますが、その場合は「清涼飲料水」や「炭酸飲料」などと表記されており、ミネラルウォーターのカテゴリーには入りません。

4つのカテゴリーから選ぶには

ミネラルウォーターの採水地

ミネラルウォーターの採水地

たとえば、山の湧水をイメージされるのであれば、自然のまま一番手を加えられていないナチュラルウォーターもしくは、ナチュラルミネラルウォーターを選ぶとよいでしょう。その中でもより“生”にこだわるのであれば、ヨーロッパ産のものをオススメします。ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターは加熱処理がされていません。(日本産のものは加熱処理されているものが多いのですが、中には非加熱処理のものもあります。)

その中で、どうせならミネラルも含んでいるものがいいということであればナチュラルミネラルウォーターを選ばれるといいでしょう。ちなみに日本で生産されているミネラルウォーターの86.8%(2012年)がこのカテゴリーに属します。(ミネラルウォーター協会より)

ボトルドウォーター

ボトルドウォーター

一方でボトルドウォーターの中には機能水と呼ばれるものもいくつかあり、水そのものの特殊性や水以外の効能などを求められるのであれば用途に合わせて選ぶといいと思います。

・水に加工をほどこして、機能性をもたせているもの(水素水、アルカリイオン水など)
・水以外の成分を溶解させているもの(プラチナウォーター、酸素水など)
・水からあらゆる成分を取り除いているもの(ピュリファイドウォーター、純水)
・元々の水が雨水や海水であるもの(海洋深層水)

などがあります。

ぜひ一度、手に取った水がどのカテゴリーの水なのかチェックしてみてはいかがでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。