距離は遠くても、心は近いあの人へ

リアルな友達とは忙しくてたまにしか会えないけれど、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアでつながっている友達とは、遠くにいても日常的にやりとりをしているから身近に感じられるという方も多いのでは?

「いつも励ましてもらっているし、御礼のプレゼントを送ってみようかな?」

そんなとき今回ご紹介するインターネットサービスを使えば、たとえ住所を知らなくても、大丈夫。ソーシャルメディアのアカウントだけで、素敵なギフトを贈れます。


インターネットサービスだからできるサプライズ

意外なことに、物理的に近くにいる人にギフトを贈りたいときこそ、インターネットサービスを使った方がいいことも。

たとえば、社内の同じ部署の人や、仲のいい友達同士でサプライズギフトを贈ろうとしたときに、こっそり準備を進めていたのに、薄々勘付かれてしまい、サプライズが台無しになったことは、ありませんか?贈られる側の立場であれば、なんとなく周りの異変に気が付いて、「もしかして自分だけ仲間はずれにされてる?」と、疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

お互いそんな気苦労をしないために、プレゼントを贈る側が、こっそりオンラインで準備を進めるのが、とってもスマート。こちらもソーシャルメディアのアカウントを活用できます。


giftee(ギフティ)

giftee(ギフティ)は、日々の感謝の気持ちをカジュアルに贈ることができるサービスです。

gifteeのTOPページ

giftee


リアルなお店で商品を購入するのは異なり、gifteeでプレゼントを贈ると、まず相手がソーシャルメディアに登録してあるメールアドレスに通知が届きます。ギフトによっては、そのときに具体的なデザインや種類を選んでもらうこともできるので、相手の好みなどがわからないときでも、安心してプレゼントを贈ることができます。

gifteeの商品ページ

gifteeの商品ページ

おすすめは、全国のコンビニで使える300円のお買い物券や、約40店舗のカフェから好きなところで使ってもらえるカフェチケットなど、相手が好きなときに使えるデジタルチケット。配送料がかからないので、プレゼント代に多く回すことができますし、贈りたい日の当日に手配しても、すぐに届くところがいいですね。

会員登録に使えるソーシャルメディアのアカウントは、Facebookかau ID。会員登録後には、TwitterやLINE(スマートフォンのみ)と連携することも可能です。

giftee


bouquet(ブーケ)

bouquet(ブーケ)はその名の通り、オリジナルのブーケを贈ることができるサービス。8人以上(1人525円:送料込み)で、本物のお花でできたブーケに加え、「よせがきブーケ」と呼ばれるデジタルメッセージを贈れます。

bouquetのTOPページ

bouquet



Facebookアカウントでログインすると、イベントを企画できるようになります。お花を贈りたい相手(=ゲスト)の情報を登録し、ゲストに似合うイメージのブーケを選択します。一緒に贈る人(=フレンズ)がそれぞれ選んだイメージから、お花屋さんがブーケを制作してくれるというしくみです。

bouquetのイメージブーケ一覧

bouquetのイメージブーケ

ブーケの受け取り方は2パターン。オーガナイザーがパーティやイベントの会場の日時・住所を登録しておき、当日手渡しで受け取るのが、まずひとつ。直接会えない場合や、相手の住所がわからない場合には、ゲスト宛てに受け取り用のメールが送られ、受け取る本人が日時・住所を指定して受け取る方法があります。

最後に、みんなが贈ってくれた「よせがきブーケ」のページに、受け取ったブーケの写真とお礼のメッセージを登録すれば、ソーシャルメディアを通じて、感謝の気持ちを届けられます。

bouquet
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。