スマートLEDランプ「hue」を実際に使ってみた

hue_main

「Philips hue (ヒュー) スターターセット」

「hue」は、アプリで明かりを操作できるスマートLEDランプです。欧米では先行発売していたため、ガジェット好きな人たちは並行輸入などで手に入れていたほど人気がある製品です。先月ついに日本発売となり、うずうずしていたところに商品をお借りすることができました。さっそくレビューしたいと思います。

設定は簡単!ルーターとブリッジをつないでスマホで操作

「Philips hue スターターセット」には、LEDランプ3個とブリッジ、ケーブルなどが同梱されています。hueの接続は、実に簡単です。

1.電球を挿す
hueのLEDランプは、国内で多く利用されているE26口金の電球です。いま使っている電球を外して、入れ替えるだけでOKです。

2.Wi-Fiルーターにブリッジをつなぐ
Wi-Fiルーターに付属のLANケーブルでブリッジを接続します。まもなくブリッジが設定を始めるので、少し待ちます。青いランプが4つ点いたら、設定完了です。

3.アプリをダウンロードする
スマートフォンに「Philips Hue」アプリをインストールします。アプリはiPhoneやiPad、Androidスマートフォン、タブレットで利用できます(iOS 4.0以上、またはAndroid 2.3以上を搭載したデバイスに対応)。

4.スマートフォンとブリッジを接続する
アプリを起動してブリッジのボタンを押すと、スマートフォンとブリッジの接続が完了します。

アプリと接続

アプリが接続を始めたら、ブリッジの中央スイッチを長押しする



これだけでhueの設定が完了です。さっそく色を変えてみます。

次は、hueの色を自由自在に変化させて楽しみます。