より明るく、ブレの少ない写真が撮影できるiPhone 5s

高い注目を集めるiPhone 5s/5cですが、中でも高機能モデルとなるiPhone 5sは、カメラに関する機能が大幅に進化しています。カメラ機能はスマートフォンの中でも人気が高い機能の1つであり、iPhoneのカメラ機能の進化は、多くのiPhoneユーザーが気にしているのではないでしょうか。
iPhone 5s/5cカメラ

iPhone 5sのカメラ機能。iOS 7の搭載で見た目が変化した以外にも、多くの進化を遂げている

iPhone 5sのiSightカメラ(メインカメラ)は、スペック的に見ると800万画素と、実はiPhone 5と変わっていません。ですが画素数以外の要素が大きく変化しており、それがカメラの性能向上に大きく影響しているのです。

1つはカメラのセンサー素子で、従来より15%大型化がなされています。素子が大きくなるとどうなるのかというと、より光が取り込めるようになり、明るくブレの少ない写真が撮影できるようになります。そしてもう1つはレンズで、新たにF値2.2と、明るさを重視したレンズを採用しています。こうした組み合わせにより、iPhone 5sはiPhone 5よりも明るく、ノイズが少ない綺麗な写真が撮影できるようになったのです。
iPhone 5s/5cカメラ

iPhone 5sのカメラは、レンズとセンサー素子に改良が加えられ、より明るく綺麗な写真撮影ができるようになった

また“明るい”ということは、写真のブレを軽減するというメリットを同時にもたらしてくれます。さらにiPhone 5sは、ソフト的にブレを補正する手ブレ補正も備え、トータルで手ブレを抑える仕組みも備えているのです。これはよく手ブレで失敗してしまうという人にとって、非常に嬉しい進化といえるでしょう。

次は、iPhone 5とiPhone 5sのカメラ性能比較をしてみます。