iPhoneでのウェブブラウジングに欠かせないアプリ「Safari」。実は、「これを知らないなんて、損してるなぁ」と言える機能が結構いっぱいあることをご存知でしょうか。

特に今はiOS7に変更され、その仕様にも大きな変化がありました。その中には、今までと同じように使える機能もあれば、新しく備わった機能もあります。

そこで今回は、知ると知らぬは大違い。iPhoneのSafariに関する便利技をご紹介します。もちろんiOS7対応のTIPS集なので、今日から使うことができますよ。


スワイプで戻る・進む

iOS7から、ページの行き来が劇的にカンタンになりました。ボタンを押す必要がないのです。

ページの進む・戻るは、左右のスワイプで行います。コツは、画面の端っこから指をスライドさせること。これは知っておくと、ウェブブラウジングが非常に捗ります。

Safari-スワイプで進む・戻る

▲画面の端っこからスワイプすると、ページを行き来できます。左→右のスワイプで「戻る」、右→左のスワイプで「進む」。



アドレス入力と検索が統一に

「やっとか」と思える機能が、iOS7から備わりました。それは、「URL検索」と「キーワード検索」が同じ場所から行えるようになったことです。

画面上部の検索窓は、URLを直接入力もできるし、キーワードの検索にも対応しています。つまり、何かを探したい時はココを選択すれば間違いないわけです。

Safari-検索方法

▲URLを直接入力すればページにダイレクトにアクセス。キーワードなら、Googleでの検索結果が表示されます。


次のページでは、24個まで開けるようになったタブについて紹介します。