株式も「比べて有利な値段」で買える方法がある

undefined株株式市場のほかにも、株式を買える「お店」がある

株式市場のほかにも、株式を買える「お店」がある

まいど、相場の福の神こと藤本です。今回は、少しでも安く株式を買い、高く売る方法を教えます。

皆さんは何か商品を買うときに、その商品の値段をいくつかのお店でチェックして、一番安い店で買いませんか?株式市場でも、株式を取り扱うお店=取引所をいくつか比較して、安く買えることをご存知でしょうか?

実際のお店だと何軒も見て回るのは大変ですが、ネットショッピングの場合、簡単に1クリックで見比べることができますし、価格.comのような比較サイトもあるので、最安値で売っている店を検索することも可能です。

私設取引所(PTS)とは

株式市場では、リアルタイムに値段(株価)が変化します。個人投資家の皆さんは、ほとんどの場合、東京証券取引所の価格で売買を行っていますよね。

一方、私設取引所(PTS)という取引所もあります。機関投資家や外国人投資家などは、東京証券取引所とPTSを比べて、より有利な価格の取引所で売買することが多いようです。

PTSとは、難しく言うと、日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などにしたがって行われる、「取引所金融商品市場外取引」のことです。

現時点で個人投資家が参加できるPTSは、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営する「ジャパンネクストPTS」に取り次いでいるサービスのみです。

みずほFGを例に株価を比較

みずほFGundefined東証ーPTSundefined13:37

みずほフィナンシャルグループの東証・PTS株価比較(2013年9月26日13時37分時点)

上は、みずほフィナンシャルグループ(8411・東証1部)の、2013年9月26日13時37分時点での東証とPTSの株価を比べたものです。株価(気配値)の左側に売り注文の株数、右側に買い注文の株数が表示されています。

みずほフィナンシャルグループは流動性が高いので、東証では1円刻みに数百万株から1000万株以上の売買注文があることがわかります。

この状況ですぐに1万株を売却する場合、
  • 東証:1万株×220円=220万0000円
  • PTS:1万株×220.90円=220万9000円
と、PTSのほうが9000円もおトクに売却できるのです。

PTSを参考に株価の動向を予測する裏ワザも

みずほFGundefined東証ーPTSundefined13:54

みずほフィナンシャルグループの東証・PTS株価比較(2013年9月26日13時54分時点)

今度は、17分後の13時54分の状況を見てみましょう。先の13時37分の画像では、220円買い・221円売りの気配状況だったのが、13時54分には221円買い・222円売りと、1円ずれていることがわかります。

このことを、13時37分の時点でかなり高い確率で予測する方法があります。それは、PTSのほうの状況を見ることです。

売りの注文は、221円から入っていますが、買いの注文は220.9、220.8……と10銭刻みでびっしりと入っており、買いたい投資家が多いことがわかります。こういう状況になったからといって、必ずしも東証の株価が上に動くわけではありませんが、上に動く可能性が高いとはいえそうです。

東証の売り注文・買い注文の株数が拮抗していて、上下どちらに動くか判断しにくい場合、PTSの注文状況を参考にするといいかもしれませんね。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。