出しやすく仕舞いやすい、便利なきんちゃく袋を有効活用!

 

 

お店の粗品などで、際限なく増えてゆく子供用のおもちゃ。
こまごましていて収納が不便。
特に「紙箱」に入っているブロックなどは要注意!

きちんと並べないと蓋が閉まらない設計になっているモノが多い。

小さな子供がぎゅうぎゅうに押し込んで箱を痛める。

入れ物の方が先にダメになる。

収納するものがなくなり、散らかる。

他のものと混じって分からなくなる。

子供は、おもちゃがセットで揃っていないため遊べずイライラ。
親は片付かなくてイライラ。

この悪しき循環を避けるために、我が家ではこまごましたおもちゃは、
小さなきんちゃく袋に入れて管理しています。
いま我が家では2歳児を抱えています。出しやすく仕舞いやすい、
そして汚れたら洗濯も可能なのが、きんちゃく袋のいいところだと思います。

ちなみに、この「小さなきんちゃく袋」と言うのも、気づいたら勝手に増えてるモノの代名詞。
きんちゃく袋もおもちゃも、なるべくもらわないように断るのが一番いいんですけどね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。