これからママになる女性、そして、ママになったばかりの女性。今までの自分がいた世界とは大きく異なる、「子育て」という世界に属するようになったとき、「ママ友」という響きに漠然とした不安を持っている方も少なくないようです。そもそも、「ママ友」とは何なのでしょうか。ママの世界ってやっかいなのでしょうか。子どもの赤ちゃん期にママが体験する「初めてのママ友」をテーマに考えてみたいと思います。

ママ友ってどういう存在?

「子どもを持つ不安」をテーマにしたネット上の掲示板などで、「ママ友ができるか不安」「ママ友付き合いが面倒くさそう」といった話題を見かけることがあります。ママになる前の女性にも、「ママ友」という存在への関心は小さくないようです。そもそも、「ママ友」とはどういった存在でしょうか。

振り返ってみると、自分がそれまで「友だち」になってきたのはどのような人たちでしょうか。幼少期や学校に通っている頃だったら、近所の子、同じ園や学校に通う子、自然と気が合ってよく遊ぶ子、習い事や部活を通して苦楽を共にしている仲間など。「社会に出たら真の友達ってできにくいよね」と思うのは必然の流れ。職場の同期などで大切な仲間ができることもあるでしょうが、仕事を通した関係には、多かれ少なかれ、色々な思惑も絡むもの。大切な仕事仲間がいても、学生時代からの仲間と会うとホッとしたり……。

そして、「子どもを通したママどうしの付き合い」ととらえた関係では、中心にあるのは、自分とは別の存在である「子ども」です。自分そのものを通したつながりではない関係で、価値観の違いを感じたり、居心地の悪さを感じたりすることもあるかもしれません。「子どもを通したつながり」という状況から多少なりとも生まれる緊張感も、影響を与えているのかもしれません。

「ママ友」が気になるのはなぜ?

そもそも、ママ友という響きに不安を覚える背景には、「ママ友を作った方がいいのかな」「ママどうし、うまく付き合わなきゃ」という思いがありますよね。なぜ、「ママ友」が気になるのでしょうか。

初めての赤ちゃんが生まれると、月齢が同じくらいの赤ちゃんの情報を得たいと思うようになります。健診や親子の集いの場などで近い月齢の赤ちゃんがたくさん集う場に行くと、今後も情報交換が続けられたらいいなあと思うこともあるでしょう。妊娠中の母親学級や、産後のお母さんや赤ちゃんが集う場で、スムーズに友達を作り、その後もお付き合いが続いているケースを見ると、私もうらやましく思ったものです。

しかし、そうスムーズにいくケースばかりではありません。私は初めての子の時は、日々をこなすのに必死で、外に出てつながりを持とうというエネルギーは皆無でした。ようやく育児のリズムがつかめてきたかなと思った1歳を迎える前に職場復帰をしたこともあり、ママ友という存在は全くいませんでした。会社勤めを辞めた2人目の子の出産後は、同じ病院で出産した方や乳児健診で一緒になった方と、メールアドレスを交換し、しばらくやり取りを続けたり、何度か子連れで会ったりしたこともありました。でも、長く続かず、「長く続く仲の良いママ友」がいない自分に少し落ち込んだこともありました。今振り返ると、「育児の情報交換」という当初の目的よりも、「子どもを通して自分の友達がほしい」という思いが勝っていたのかなあと思います。

赤ちゃん期にママ友は絶対必要?

親子の集いの場

親子の集いの場は、友達づくりと構えずに参加してみましょう。

以前よく聞かれた「公園デビュー」という言葉は、最近は死語になりつつあるのでしょうか。子育てを通した交流サイトなどでの情報交換も活発になり、最近では各地で、公共施設での親子の集いの場や、自主サークルも増えてきています。そういった場が公園に代わって、子どもを通した交流の場の主役になってきているようです。

確かに、親子が集う場で、同じ空間にいる赤ちゃんどうしが刺激を受け合い、今までできそうでできなかった寝返りができるようになったり、親が人見知りだと感じていた赤ちゃんが、お母さん以外の大人に表情豊かに働きかけたりするなどの様子もよく見られます。そういった光景を目の前にするのは親も嬉しいものですね。しかし、そのような場に出かける機会がなくても、赤ちゃんの成長に全く問題がないことも事実です。集いの場に出かけて、かえってお母さんが気疲れしてしまうようだったら、赤ちゃんにもプラスには働かないですし、無理に出かける必要もありません。試しに単発で出かけられる場にちょっと顔を出してみて、お母さん自身が楽しいと思えるかどうか。その気持ちを大切にし、無理をしないでほしいなと思います。

>>たまたま「ママ」として知り合ったけど……