シカゴで一番の展望台から望むミシガン湖

 

 

■撮影時期
2007年4月

■撮影場所
アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市 ジョン・ハンコックセンタービル

■おすすめポイント
457.2メートルの高さを誇るジョン・ハンコック・センタービル。94階にある展望台からの眺めはシカゴで一番といわれています。五大湖のひとつミシガン湖を望む絶景が広がります。

北方向にはヨットハーバーや高級住宅街、南方向には市街地が広がります。湖の稜線がくっきりと見て取れ、太陽の位置によってビル自身の影がシカゴの街に浮かび上がります。湖は、また海の輝きとはひと味違い、何ともいえない優しいエメラルドグリーンで、どこまでも続くその水面は、これは海ではないと自分を信じさせるのに時間がかかるほど広大です。

また夜景も見事で、碁盤の目のように美しく整備されたシカゴの街にオレンジ色の光が、果てしのないラインのように続きます。ところどころ見える赤や緑の電飾がほどよいアクセントとなって、まるで品の良い宝石を眺めているかのようです。

■ジョン・ハンコック・センタービル

HP:www.johnhancockcenterchicago.com/



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。