多くのことを学ぶことが出来る大ヒット漫画

■作品名
SLAM DUNK(1990年~1996年 週刊少年ジャンプに掲載)

■作者名
井上雄彦

■巻数

全24巻

■あらすじ
湘北高校に入学した赤い髪の不良・桜木花道は、バスケ部キャプテンの妹・赤木晴子に薦められ、気に入られたい一心でバスケ部に入部。初めは晴子の前でいい格好をしたい、また、
同じ1年生のスーパールーキー・流川楓に負けたくない(晴子は流川のファン)一心だった花道が、
次第にライバル達と切磋琢磨しバスケットの面白さに目覚めて才能を開花。
選手としても人間としても成長していく物語です。

■おすすめ理由
まずはキャラクター描写が非常に素晴らしいです!
主要な登場人物はもちろん、それ以外の登場人物にもスポットが当たり、
生き様が見て取れたり、感情移入したり。カッコイイ!と思ったり、頑張れ!と応援したくなったり。また、あまりに個性的で笑ってしまったり。
主人公は花道ですが、どのキャラクターを見ても生き生きとしています。

ただ輝かしい青春!というより、挫折や危機、苦悩も描写されていて、
話に深み・人間味が一層加わっている気がします。試合もドラマチックな展開が多いのですが、
ああ、マンガだからね……というよりは、必死であれば実際そうなってもおかしくないな……と思え、絵の躍動感も手伝って読んでいて本当にドキドキしますし、感動します!
ついついつられて泣くことも……。

だからか、名言も多く飛び出し、「スラムダンク論語」などスラムダンクの名言等を題材にした本も多く出ています。マンガからこんなに学ぶことがあるなんて……、人生の教科書にしてもいいな……と思うぐらいです! また、ちょいちょいと面白い迷(?)言や小ネタも出てきてついつい笑ってしまいます。マンガとしての面白さも十分に備わっています。

余談ですが……、私は連載当時、大学のレポート提出の前日に兄から単行本を薦められたのですが、あまりにも引き込まれ夢中になってしまい、なんて日に貸してくれたんだ!と思った思い出があります。

大ヒットしたマンガなので既に多くの方が読んでいると思いますが、
まだ読んだことがない方がいらっしゃれば、是非おすすめしたいと思います!
(時がもっと経ったら、昔のマンガでいいのがあるよ!と若い子におすすめしたいです。)




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。