「こちらヒューストン、アポロ13応答せよ」

■作品名
アポロ13

■監督
ロン・ハワード 

■主演

トム・ハンクス

■DVD/Blu-ray発売元
ジェネオン・ユニバーサル

■おすすめの理由

先日、JAXAが12年ぶりに開発された新型国産ロケット、「イプシロン」の打ち上げに成功しましたね。

発射台のある鹿児島県の内之浦には1万5千人ものファンが詰めかけ、カウントダウンを固唾を呑んで見守ったそうで、新聞にも連日、大きく取り上げられていました。

このイプシロンが乗せているのは惑星観測衛星で、時代も違いますから、国内の数万人の熱狂で済んでいるのでしょうが、月に人間を送り込む「アポロ計画」に対する狂騒は、きっとものすごかったのだろうなと、想像できますよね。そしてこの「アポロ13」は、その13番目の計画を描いたもので、クルー3人は、結局、月には行けなかった物語です。

アポロ計画も13まで行けば、世間の関心も薄れ、別の事業に予算を回した方が良いのではと言われる始末。晴れがましい発射の瞬間や宇宙からの映像なのに、テレビで放映されなくなっています。

そんな彼らの船がエンジントラブルにより、月へ行くどころか、地球に帰還することすら危ぶまれる状況に陥ります。呆然とするクルーの家族たち、彼らを撮ろうと押し寄せる報道陣。電気も酸素も残り少ない極限状態に必死に耐えるクルー。彼らを生きて還そうともがくNASAの職員達……。

わたしが特にお勧めしたいのが、風疹検査でひっかかり月に行けなくなった、ゲーリー・シニーズ扮するケンです。ロケットの発射を遠く離れた丘からひとり見守り、その後車で去るシーンは、通って抱きしめてあげたくなるほど寂しそうです。

その後事故が起こってクルーを生還させるために、この計画を誰よりも熟知する彼が呼び戻され大活躍するのですが……。生還させるまでの彼の雄姿と信頼で結ばれたトム・ハンクス扮する船長との掛け合いは、ご自分で観て、お楽しみください。

「アポロ13」は誰かが殺されるわけでも、大きな謎があるわけでもありませんが、最後までドキドキさせてくれる、良質のサスペンス映画としてお勧めします。





■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。