2013春夏シーズンは、ネオンカラー、柄オン柄など、鮮やかな色、多色づかいが人気を集めました。その傾向は秋冬シーズンなっても続いて、秋冬の定番色であるブラウン、グレーといった色よりも、鮮やかな色、パステルカラーなどが注目を集めています。色みとしては、ブルーが人気。色みやトーンが異なるブルーを重ねた、「ブルー・オン・ブルー」のコーディネートが新鮮です。

今回は、「ブルー・オン・ブルー」のコーディネート例を3つご紹介します。

【CONTENTS】
Page1:色みと素材の違いを楽しむ、ブルー・オン・ブルー
Page2:ボーダー柄×プリント柄は、ゴールドを差し色に
Page3:カラーブロックのシャツを主役に

色みと素材の違いを楽しむ、ブルー・オン・ブルー

HACHE(アッシュ) タートルネック カシミア混 ニット ワンピース(13AW)

HACHE(アッシュ) タートルネック カシミア混 ニット ワンピース(13AW)

ひとつめの「ブルー・オン・ブルー」は、ネイビーのニットワンピースを主役にしたコーディネート。シンプルでありながら、モダンで上品な佇まい。肩の力を抜きつつも、エレガントな印象がサマになります。やや紫みのブルーが今シーズンらしい印象を醸し出します。
Faliero Sarti(ファリエロサルティ) カシミア混 モダール ロング ストール(13AW)

Faliero Sarti(ファリエロサルティ) カシミア混 モダール ロング ストール(13AW)

コーディネートに変化をつけるなら、やや明るく、やや濁りのあるブルーがおすすめです。ネイビーのワンピースに重ねると、明るさ、鮮やかさの違いが独特の雰囲気を醸し出します。ファリエロサルティのストールは、程よいボリューム感を自然に出せるので、ニットワンピースとも好相性です。
JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン) ストラップ付き メタリック レザー クラッチ バッグ(13AW)

JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン) ストラップ付き メタリック レザー クラッチ バッグ(13AW)

ニット、モダールなど、ウォームな素材のブルーを重ねましたので、メタリックレザーのようなクールな素材感をプラスするとアクセントになります。今シーズンのスタイリングに欠かせないのがクラッチバッグ。コンパクトなバッグだからこそ、パンチのある派手めな存在感がポイントになり、 全体の印象をモードにアップデートしてくれるでしょう。

次は、ボーダー柄とプリント柄のコーディネートをご紹介します。