妊婦さんへのおすすめ 

 

 

■左向き寝と大静脈との関係
つわりでつらい時期(妊娠初期)から後期まで、私はずっと抱き枕でお腹を支え、左肩を下にして、眠っています。どの子の場合もそうなのですが、妊娠中、仰向けや右を向いた姿勢は、息苦しかったり、気分が悪いのが治まらなかったので。(写真後側の枕)先の曲がったところに頭をのせて、真ん中でお腹を支えて、膝を枕の上に曲げてのせると気分だけでなく背中も腰も本当に楽でした。

しかし、これには理由があったようです。人間には、背骨を中心にみて右側に大静脈が走っています。心臓から流れる血液は、体内をめぐって、心臓に帰っていくそうなのですが、お腹が大きくなってきた妊婦さんが仰向けや右向きで寝ると、お腹が大静脈を圧迫して、血液の流れが悪くなるために、気分が悪くなったり、貧血になったりするそうです。特に後期には、むくみやこむら返りの予防にも、抱き枕で姿勢を楽にリラックスして眠るのが一番ですね。

■商品について(写真奥)

購入先:大型ホームセンターで3000円程度
おすすめの理由:第一子を妊娠中から現在までずっと愛用。
カバーも取り外しができますので、こまめにお洗濯可。長さも120cmとちょうどよい長さ。中材もポリエステル100%でクタッとならず、しっかり支えられている感じで安心。以前、同系の中材がビーズの枕も持っていましたが、シャラシャラ音が気になり重みに弱く、私には合いませんでした。


子供たちに大人気 

■安心するようです
人は何かに抱きつきながら横になるとリラックス効果だけでなく安心感も得られるそうですね。うちの子供たちは、写真手前のくまちゃんを毎晩奪い合い。最終的に、上の子は、くまちゃんの首に頭を置いてお顔を抱えて、二番目の子は足に頭を乗せて、おしりを抱え、しっぽをにぎって寝ています。定位置に着くと二人とも面白いほどにスーッと眠ってしまいます。

■商品について(写真手前)
マザーグースの森

■おすすめの理由
こちらも随分長いおつきあいです。子供が使用しているため、何度も何度もお洗濯していますが、まだまだ使える。と言いますか、もう、子供たちにはなくてはならないお友達ですので、大事に使っております。子供にとっては、大きめなのかもしれませんが、包まれているようで安心するのだと思います。
子供たちの涙もたくさん吸ってきた大切なお友達ですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。