市販の妊娠検査薬が使用可能になる時期より前に

市販の妊娠検査薬は大体のものが「生理予定日の約一週間後からチェックが可能」なのだと思いますが、私の場合は、3回の妊娠のどれも、チェック可能時期より数週間前、本当に初期の段階で同じ兆候がありました。

初期症状&兆候のいくつかを段階を追って

  1. 子宮のあたりが、重く痛い
    生理なわけでもないのに、子宮のあたりが、ちょうど軽い生理痛のように重く痛い。
  2. 腰が、重い
    常に痛いわけではありませんが、時折、重い痛みが来る。
  3. 吐き気がする
    食べることが大好きな私。なのに、気分が悪い。何か、悪いもの食べた? それとも熱?と思って熱を測ってみると、いつも36℃程度の私が、37℃ちょっと。
  4. 微熱が続く
    毎日、検温してみると、いつも37度ちょっと……。
  5. 胸が張る
    ここまでくると、これはおかしいな??と。
  6. 妊娠検査薬使用
    整理予定日を待たずに、検査薬を使ってみると、うすーいピンク色の線が!初期で、判定が陽性でも薄いこともあろうかと、私はいつも、検査薬は2本入りを購入しております。
     
病院へ行くのは生理予定日を過ぎてしばらくしてからにしていますが、3人とも同じ経過で。
病院へ行く前日の検査薬の判定には、くっきりとピンクの線が出て、病院で妊娠確定!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。