Firefoxの動作が遅くなる理由は様々ですが、便利な機能であるアドオン(拡張機能)によるメモリ浪費が原因であることが多々あります。以前の記事「Firefoxの動作が重いときにするべきこと」でインストールしたアドオンを1つずつ無効化して、動作確認をして原因を突き止める方法を解説しました。この方法は確実ですが、アドオンの数が多い場合は確認作業が大変です。そこで、各アドオンがそれぞれどのくらいメモリ消費しているかをリスト表示することができるアドオン、about:addons-memoryを利用すると便利です。各アドオンのメモリ消費量をチェックすることで、全てのアドオンの動作確認をすることなく原因を素早く絞り込むことができます。

about:addons-memoryのインストール

まず以下のサイトに行きabout:addons-memoryをインストールします。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/about-addons-memory/
ページが開いたら「Firefoxに追加」をクリックしてインストールしてください。
install add-on

アドオンのインストール




インストールが終わったら、アドレスバーに「about:addons-memory」と入力します。このアドオンはFirefoxの再起動は必要ありません。

URL input

アドレスバーに入力



ページが開くと、インストールされている全てのアドオンがメモリ消費量の順にリストされます。各コラムの数字が何を意味しているかは、マウスのポインタをコラム上段の説明文字に合わせると表示されます。Explicitのコラムは各アドオンが消費しているメモリが、パソコン全体のメモリ消費量に占める割合を示し、アドオンのコラムは各アドオンの消費メモリがFirefox全体の消費メモリに占める割合を示しています。
memory usage list

メモリ消費量のリスト



リストの一番下には消費メモリの合計、「消費メモリの最小化」ボタンとこのアドオンを使う上での注意点が表示されます。*ちなみに「消費メモリの最小化」ボタンはほとんど効果がありません。
add-on foot note

アドオンの注意書き


次にメモリ消費のリストからFirefoxの動作を遅くしている原因を発見する方法を見ていきます。