大切な予定を忘れていてヒヤリとしたことはありませんでしょうか。私が一番ヒヤリとしたのは、日曜日と月曜日を間違えて仕事に行くのを忘れていたときです。この記事を読んでいるあなたにも、仕事とプライベートに関わらず日々様々な予定が舞い込んできます。そんな中で、重要な定例会議、仕事の締め切り、親友の結婚式など、うっかり忘れていたでは済まない予定をすっぽかしたり、意図せず予定を重ねてしまうのは絶対に避けたいところです。

今日は、日々増えるスケジュールを管理するために便利な「Goolge カレンダー」というサービスを紹介します。

 

複雑なスケジュールも楽々管理できる「Google カレンダー」

Google カレンダーは無料で使えるスケジュール管理サービスです。
Google カレンダーのメイン画面

Google カレンダーのメイン画面

見慣れたカレンダー形式にイベントの名前や時間を入れることで、誰でも簡単にスケジュールが管理できます。
予定の登録画面

予定の登録画面

Google カレンダーはウェブサービスなので、インターネットにつながる環境ならいつでもどこでも使えます。手帳のように手軽です。 スケジュールを管理するためのウェブサービスは他にいくつもありますが、その中でも私がGoogle カレンダーをおすすめする理由は5つあります。

 

1.使いやすい表示形式に柔軟に変更できる

Google カレンダーでは、一日の表示や週形式の表示、月形式の表示などを自由に切り替えることができます。 週の始めを日曜にするか月曜にするかなども切り替えられるので、自分の一番見やすい形式にカスタマイズできます。 もちろん、週形式にしても月形式にしてもデータは引き継がれるので、内容を転記したりする必要もありません。

 

2.複数のカレンダーを使い分けられる

Google カレンダーでは1人で複数のカレンダーを使い分けることができます。例えば、ゴミの日カレンダーやプライベートカレンダー、習いごとカレンダーや仕事のカレンダーを使い分け、それぞれを同時に表示したりいずれか1つだけ表示するといったことができます。種類の違うカレンダーは色分けされて表示されます。これ複雑なスケジュールも整理しやすくなります。

複数のカレンダーを管理

複数のカレンダーを管理










次のページでは、Google カレンダーの魅力をあと3つご紹介します。