iPhone 5/5sと大きく異なるボディに注目が集まる

アップルのスマートフォン新機種として、「iPhone 5s」と同時に発表された「iPhone 5c」。iPhone 5sは64bitのCPU「A7」に、指紋認証センサーを搭載するなど大幅な性能強化がなされたハイエンドモデルであるのに対し、iPhone 5cは性能よりも、iPod Touchのようにポップなカラーとデザインを特徴とした、親しみやすいエントリーモデルと位置付けられているようです。
iPhone 5c

新iPhoneのエントリーモデルとなる「iPhone 5c」

iPhone 5cの大きな特徴であり、iPhone 5やiPhone 5sとの大きな違いとなっているのが、ボディデザインです。iPhone 5/iPhone 5sは、ボディにアルミ素材を用いることで高級感のあるデザインと、所有感のある質感を実現していました。ですがiPhone 5cは、側面から背面にかけて強化ポリカーボネイト、つまりプラスティック素材を用いた5色のカラフルなボディが、大きく目を惹く特徴となっています。
iPhone 5c

金属ではなくポリカーボネイト素材を採用した、ポップなカラーのボディが注目されている

一方で、CPUにiPhone 5と同じ、32bitアーキテクチャの「A6」を採用するなど、性能面はiPhone 5に近い内容となっています。また外装が異なる分、サイズが59.2(W)×124.4(H)×8.97(D)mm、重量が132gと、iPhone 5よりもやや大きく、重くなっているようです。

iPhone 5と比べ、外装にプラスティック素材を採用すること、そしてストレージ容量が16GB・32GBのモデルしか用意されていないことなどから、iPhone 5cは“廉価版モデル”と評価されることが多いようです。確かに米国では16GB版のiPhone 5sが、2年契約で199ドルであるのに対し、同じ容量のiPhone 5cは99ドルで販売されるなど、安価な価格設定がなされています。

ですがiPhone 5cは、単にコストダウンを図るために生み出されたモデルという訳ではないように見えます。詳しくは、次のページにて説明しましょう。

次は、iPhone 5cの外装について詳しく説明します。