指紋認証機能の搭載でロック解除が簡単に

「iPhone 5s」は、前機種に当たる「iPhone 5」と比べると、ディスプレイサイズや解像度、そしてサイズ・重量共に大きく変化している訳ではないことから、一見すると大きな違いがないようにも見えるかもしれません。ですが実際に触れてみると、さまざまな点で大きく進化しているのが分かります。
iPhone 5s

アップルの最新スマートフォン「iPhone 5s」。一見するとiPhone 5と大きな違いがないように見える

特に大きく進化したポイントの1つとして挙げられるのが“指紋認証”です。iPhone 5sホームボタンに、新たに指紋認証センサーが設けられており、ここに指を触れるだけで端末のロックの解除ができるようになったのです。従来、端末のロックを解除するには4桁のパスコードを入力する必要がありましたが、指紋認証の仕組みを採用したことで、解除の手間を大幅に軽減しつつ、セキュリティを向上させることに成功しています。
iPhone 5s

iPhone 5sはホームボタンに指紋認証センサーを備え、触れるだけで端末ロックの解除ができる

ロックを解除するには、あらかじめ指紋を登録する必要があります。指紋は、設定からホームボタンに何度か指を触れることで登録できますが、360度どの方向から触れてもロック解除ができるよう、さまざまな方向からセンサーに触れて指紋登録する点がユニークです。
iPhone 5s

指紋の登録の様子。センサーに何度も触れて指紋を認識させていく

ちなみに指紋認証は、iTunes Storeで楽曲などを購入する時に、パスワード入力の代わりとして利用することもできます。また、指紋の情報はあくまで端末内にのみ保存されるため、外部のサーバー等に指紋情報が登録されることとはないとのこと。iPhone 5sから登録を削除してしまえば、指紋情報はどこにも残らないので安心です。

次は、iPhone 5sのカメラ機能について説明します。