新しい焼肉の概念、流れを作った「よろにく」

以前ご紹介した恵比寿「虎の穴」が焼きのサービスを提供する先駆者だとしたら、それを世に広め新たな付加価値として定着させたのが、今回ご紹介する「よろにく」ではないでしょうか。青山の骨董通りに位置する「よろにく」。オシャレエリアに相応しく、個室やウエイティング利用が可能なカウンターがあったり、無煙ロースターを使用したりと、デートや会食利用にもうってつけな店内となっています。

みすじ

みすじ


同店のオーナーのひとりである桑原氏(通称Vanneさん)は、焼肉ヲタクと言えるほど研究熱心で、ご自身も焼肉の食べ歩きには余念がありません。そして、毎日お店に立ちお客さんにお肉を焼き続けています。今でこそお店のスタッフがお肉を焼いてくれるサービスを提供するお店が増えてきましたが、本来、焼肉というのはお客さんが自ら肉を焼くことで、お店の人件費を削減し、黒毛和牛という高価な食材を、ステーキハウスに比べても格段に安い価格で提供することを可能にし、そこが焼肉の魅力のひとつでもありました。そこに焼きのサービスを提供するということで、コストの面はさておき、新たな付加価値が生まれたのです。このことは、これまで焼肉店に対して不満に感じていた点が解消されたお客さんも大勢いたことでしょう。そして、この「よろにく」の存在は、後続して新規出店する焼肉店にも大きな影響を与えました。

つちのこ

つちのこ


常連になる楽しみを教えてくれる「よろにく」のお任せコース

Vanneさんが対応するのはお任せコースをオーダーしたお客さんや常連さんで、その他のお客さんに関しては、スタッフの方がフォローしてくださいますが、やはりここではVanneさんに焼いてもらう焼肉が一番でしょう。さて、そんな同店で供される焼肉はというと、“並じゃないカルビ”、“シルクロース”といった商品のネーミングからも分かるとおり、遊び心のある焼肉を供してくれます。

「よろにく」を知るなら、まずは一番完成度の高い“お任せコース”をオススメします。また、何度か通うと常連を飽きさせないためにさらにアレンジを加えた肉料理も提供してくれますが、その中で最近特に印象に残ったものは“ホルモンのみぞれ鍋”。ホルモンのこってりした脂を大根おろしと出汁がさっぱりと美味しく食べさせてくれる一品で、ホルモンヌの私も満足でした。

ホルモンのみぞれ鍋

ホルモンのみぞれ鍋


また、ヒレの一部を使用した同店特有の部位名“つちのこ”は、ヒレらしいしっとりと滑らかな舌触りで、何度食べても飽きません。然しながら、肉はA5の雌牛を使用し、焼肉の要でもあるタレは、焼肉の名店「ジャンボ 篠崎」の流れを汲んだタレを使用しているので、結局のところ、アラカルトでも十分楽しめます。また、サイドメニューでは、牛肉の脂の刺しでやや重たくなった胃袋をすっきりさせてくれる〆のそうめんもおススメです。

そして、同店を語る上ですっかり欠かせない存在になったのがデザートの“かき氷”。焼肉の後のほろ苦い”ほうじ茶”のかき氷はなんとも極楽に感じる味わいで、焼肉店でもこのレベル、ふわふわの食感のかき氷を提供するとは、年々人気が増す東京かき氷のレベルの高さを改めて実感します。これまでの焼肉の概念を覆し、新たな焼肉の流れを築いた「よろにく」の焼肉業界へ与えた影響、功績はとても大きなものだと思います。

そうめん

そうめん


ほうじ茶のかき氷

ほうじ茶のかき氷


同店で特に美味しい体験をした思い出の部位:タン元、タン先、みすじ、つちのこ、シルクロース、厚切りハツ

■よろにく
・住所:東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサ B1F
・TEL:03-3498-4629
・営業時間:
月~日:17:00~24:00(LO 23:00)
・定休日:無休
・地図:Yahoo!地図情報