ドラマ/ドラマ関連情報

大石静脚本:堺雅人、綾野剛…次にブレイクするのは?(2ページ目)

大石静脚本はあまり知られていない俳優を抜擢して、その俳優がブレイクすることがよくあります。特にNHKドラマの場合に顕著。代表的なところで内野聖陽、佐々木蔵之介、堺雅人、長谷川博己、綾野剛とそうそうたるメンバーです。9月3日スタートの新作『ガラスの家』でブレイクするのは誰だ?

黒田 昭彦

執筆者:黒田 昭彦

ドラマガイド

今回のブレイクは?

さて今回ブレイクするのは、斎藤工か永山絢斗か。それとも藤本隆宏か?

ただ斎藤工はNHK時代劇『オトコマエ!』で福士誠治とダブル主演、今年は『八重の桜』に『いつか陽のあたる場所で』と重要な役で出演。永山絢斗は『おひさま』でヒロインの次兄役、藤本隆宏は『坂の上の雲』で広瀬中佐役と、三人ともブレイクというには知名度があります。

残る男優で、片岡愛之助は歌舞伎界のホープで、さらに『半沢直樹』の黒崎役が大好評。小野了は『相棒』の中園参事官役でおなじみ(ちなみに『ガラスの家』では財務省の参事官)。鈴木裕樹は『獣拳戦隊ゲキレンジャー』ゲキレッド出身のイケメンヒーロー系と大石脚本でブレイクするパターンとはちょっと違います。


今度は女優?

『ガラスの家』での梅舟惟永

『ガラスの家』での梅舟惟永

そうすると意表をついて、今回は女優で梅舟惟永(うめふね ありえい)でしょうか。

早稲田大学演劇倶楽部のユニット「ろりえ」所属の舞台女優。ドラマでは今年、これも大石作品の『お天気お姉さん』に情報番組『モーニングZ』のメイク担当役で連ドラ初レギュラー。お天気担当・染谷ディレクター(野間口徹)との掛け合いは印象に残っています。

『ガラスの家』で演じるのは芥川賞作家・後藤菜々美(ただし受賞後は鳴かず飛ばず)。仁志の高校時代からの友人で、現在交際中。黎を疑い彼女の過去を探るという、ドラマをかき回してくれそうな役です。

しかしブレイクするには『ガラスの家』自体がヒットしないと。『セカンドバージン』はアラフォー後半世代が中心だったのに対し、井川遥主演なのでアラフォー前半ねらいでしょう。はたして夢よもう一度となるでしょうか。期待しましょう。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でドラマの CD・DVD を見るAmazon でドラマの DVD を見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます