パリの文教地区、カルチェ・ラタン

カルチェ・ラタンのシンボル的存在ソルボンヌ大学

カルチェ・ラタンのシンボル的存在ソルボンヌ大学

ソルボンヌ大学、リュクサンブール公園、パンテオンが集まる5区の学生街を中心に広がるエリア、カルチェ・ラタン。カルチェ・ラタンとはフランス語で「ラテン語のエリア」という意味で、かつては神学校であったソルボンヌ大学ではラテン語で授業が行われていたことに由来しています。ソルボンヌ大学の他にもセーヌ川沿いにはパリ大学の大校舎ジュシューがあり、学生が行き交い活気のある空気が流れています。

学生寮も多いことからリーズナブルなレストランやテイクアウトのできる店も多く、旅行者にとっては嬉しいところ。しかしながら新しいデザインホテルやサロンドテなど、洗練されたおしゃれなスポットも続々と出来ているのは見逃せません。歴史のあるスポットを観光しつつも、学生に戻ったつもりで元気に歩き回りたい、そんな地区となっています。

ちなみに日本では、「カルチェ・ラタン」という言葉はスタジオジブリの映画『コクリコ坂から』で登場する文化施設の名称として広く知られるようになりました。パリでは大学が多く集まることから1960年代には学生運動の拠点となったこともあり、施設の取り壊しに反対するという劇中のエピソードに重ね、「レジスタンス(権力に対する抵抗)」の象徴として名付けられたのかもしれません。
 

カルチェ・ラタンおすすめ観光名所1 ノートルダム大聖堂

ノートルダム

古い歴史と多くの物語を持つノートルダム大聖堂は後ろ姿も美しい (c) Paris Tourist Office - Photographe : Daniel Thierry

カルチェ・ラタンのある左岸からセーヌ川を越えると、シテ島にそびえ立つノートルダム大聖堂が現れます。ノートルダムとは聖母マリアという意味で、フランスには世界遺産を含む多数のノートルダムという名がつく大聖堂が他にも存在しています。

ゴシック建築の最高傑作と言われているだけあり、正面の2つの塔、高く鋭く伸びる尖塔、「ばら窓」と呼ばれ、まさにバラのように美しい円型のステンドグラスなど、繊細かつ壮大な建築物としてパリ観光には欠かせないスポットとなっています。

<DATA>
Cathédrale de Notre Dame de Paris
住所:rue d'Arcole 75004 Paris
アクセス:St Michel Notre Dame(メトロ4、RER-C)より徒歩3分
開館時間:8:00~18:45 土・日 8:00~19:15
休館日:無休

詳しくはこちら>>>【パリ】ノートルダム大聖堂の歴史と見どころ・入場料
 

カルチェ・ラタンおすすめ観光名所2 クリュニー美術館

クリュニー

6連作のタピストリーが最大の見どころ

3世紀のローマ遺跡である公共浴場跡に建築された貴族の館を改装したクリュニー美術館は、15世紀までの中世美術を扱う美術館。レリーフや工芸品、タピストリーなど絵画中心の美術館とはまた違った、歴史を感じさせる作品に触れることができます。

ここの最大の見どころといえば、特別展示室にある6つの一連のタピストリー「貴婦人と一角獣」。暗室から浮かび上がる鮮やかなタピストリーは幻想的で、人間の五感と欲望がテーマとなっており、細部にわたって小さなストーリーが散りばめられていますのでどうかお見逃しなく。

<DATA>
Musée de Cluny
住所:6, place Paul-Paomlevé 75005 Paris
アクセス:Cluny la Sorbonne(メトロ10)より徒歩1分
開館時間:9:15~17:45
休館日:火曜、1/1、5/1、12/25
 

カルチェ・ラタンおすすめ観光名所3 パンテオン

偉人や文豪たちが眠るパンテオン

偉人や文豪たちが眠るパンテオン

フランスの文化に貢献した偉人の墓が収められるパンテオン。ソルボンヌ大学やリュクサンブール公園からほど近いカルチェ・ラタンの中心に堂々と構える、ドームと正面の支柱が特徴のギリシャ様式建築です。ここにはキュリー夫妻や文豪ヴィクトル・ユゴー、哲学者ルソー、ボルテールなど名だたる著名人が眠っており、英雄ガンベッタの心臓が祀られているということでも有名です。

<DATA>
Panthéon
住所:Place du Panthéon 75005 Paris
アクセス:Luxembourg(RER-B)より徒歩3分
開館時間:10/1~3/31 10:00~18:00 4/1~9/30 10:00~18:30
休館日:1/1、5/1、12/25
 

カルチェ・ラタンおすすめ観光名所4 モスケ・ド・パリ

モスケ

パリにいながら体験できるイスラム文化

ムフタール通りの東にあるモスケ・ド・パリは、パリ最大のイスラム教寺院。パリにいながらにしてイスラム文化に触れることができます。グラナダのアルハンブラ宮殿をモデルにしていると言われているだけあり、数々のパティオや緻密な幾何学模様のレリーフがとても美しく、必見です。

詳しくはこちら>>>異国情緒満点、パリのモスケ(モスク)で小旅行
 

カルチェ・ラタンおすすめショッピング通り
左岸の台所ムフタール通り

ムフタール

賑やかな市場通りには学生など若い人たちが行き交う

カルチェ・ラタンの胃袋となっているのがいつも賑やかなムフタール通り。学生向けのリーズナブルなレストランやテイクアウトできる店が並び、その合間にパリ土産店を買える店も点在。南側は肉、魚、野菜などの露店が集まる常設市場となっています。

フランスのファストフードであるクレープやキッシュをテイクアウトできる店も多いので、たまにはホテルに帰ってゆっくりと食事したいときはこちらで買い物するのがおすすめです。

<DATA>
■rue Mouffetard
住所:rue Mouffetard 75005 Paris
アクセス:Place Monge(メトロ7)より徒歩1分
 

カルチェ・ラタンおすすめカフェ1 
サロン・デュ・シネマ・デュ・パンテオン

サロン

リラックスできるハイセンスな空間

ソルボンヌ大学の通りにある映画館の上にできたサロン・ド・テ。奥には小さなテラスもある広々としたフロアには大きなソファやテーブルが設置され、パリジャンのアパートにおじゃましているかのよう。

聞くところによるとインテリアのコンセプトは女優カトリーヌ・ドヌーブが担当したとか。業界人?と思われるような人々がディスカッションしていたり、パソコンで仕事していたりと人物ウォッチングも楽しいサロンです。

<DATA>
Salon du Cinéma du Panthéon
住所:13, rue Victor Cousin 75005 Paris
TEL:01 56 24 88 80
アクセス:Cluny la Sorbonne(メトロ10)から徒歩3分
営業時間:12:00~19:00
定休日:土・日曜
 

カルチェ・ラタンおすすめカフェ2 モスケ・ド・パリ

モスケ

モスケ併設のカフェで是非ミントティーを

観光名所でも紹介したモスケ・ド・パリは、敷地内にカフェが併設されており、天気の良い日は緑が生い茂るテラスでお茶する人で賑わっています。ミントティーとアラブ
菓子はもちろんのこと、水タバコ(シーシャ)もなかなかの人気です。

詳しくはこちら>>>異国情緒満点、パリのモスケ(モスク)で小旅行
 

カルチェ・ラタンおすすめレストラン1 レ・パピーユ

レパピーユ

メイン後に出てくるチーズが楽しみ!

リュクサンブール公園にほど近い、いつも混んでいる大人気のビストロ「レ・パピーユ」。人気の秘密は豊富な種類のワインと、ボリュームたっぷりなのに洗練された味の料理。そして何といってもリーズナブルな価格帯! というのも、メニューは1種類のみで決まっていて、その日のお客さんは前菜からデザートまで同じものを頂くことによりコストカットが実現できるから。言葉に不案内な観光客にとっては、オーダー時のコミュニケーションの心配がないのはかえって安心かもしれませんね。

もともとはワインショップだったということもあり、壁一面に並ぶボトルは圧巻。ボトル単位のみオーダー可能なので(グラスやピッチャーは不可)、ワイン好き同士で訪れたいお店です。

<DATA>
Les Papilles
住所:30, rue Gay Lussac 75005 Paris
TEL:01 43 25 20 79
アクセス:Luxembourg(RER-B)より徒歩5分
営業時間:12:00~14:00/19:00~22:30
予算:ランチ22~24.5ユーロ、ディナー35ユーロ
定休日:日・月曜
 

カルチェ・ラタンおすすめカフェ・レストラン2 Boca Mexa

メキシカン

パリでは珍しいメキシカン

ムフタール通りのど真ん中にある、パリでは珍しいメキシカンのファストフード店。このムフタール店を皮切りに今ではパリに4店舗を構えるほどの人気となっています。ここでは、ボリュームたっぷりのタコスやブリトーが気軽に食べられます。ムフタール通りは学生向けのファストフード店が多く、ケバブやクレープ、パニーニなどが定番ですが、ワンランク上のカジュアルフードが食べたくなったら、是非こちらへ。

<DATA>
Boca Mexa
住所:127, rue Mouffetard 75005 Paris
TEL:01 73 77 28 22
アクセス:Sensier Daubenton(メトロ7)より徒歩3分
営業時間:11:30~22:00 金・土曜は~23:00 
予算:ブリトー11ユーロ~
無休
 

カルチェラタンおすすめカフェ・レストラン3 ブレックファスト・イン・アメリカ

ダイナー

パリで大人気のアメリカンダイナー

カルチェ・ラタンとマレに2店舗を構える学生に大人気のアメリカンダイナー。赤い革張りのソファーや銀色のテーブルなど、映画やドラマで見たことのあるダイナーをパリで再現しています。

ボリュームのあるハンバーガーと、食べきれないほどの山盛りポテトフライが名物。パリにスターバックスができるまではなかなか飲めなかった、フランス人には好まれないアメリカンコーヒーが飲み放題なのも嬉しいサービスです。

<DATA>
Breakfast In America(ブレックファスト・イン・アメリカ)
住所:17, rue des Ecoles 75005 Paris
TEL:01 43 54 50 28
アクセス:Cardinal Lemoine(メトロ10)から徒歩3分
営業時間:8:30~11:00
無休
予算:チーズバーガー11.5ユーロ
 

カルチェ・ラタンおすすめスイーツ カール・マルレッティ

マルレッティ

ビジュアルと味ともに上質なスイーツが揃う

ミシュランガイドのスイーツ版「ピュドロ」で2009年の大賞を獲得したのがここカール・マルレッティ。モノトーンの洗練された小さな店構えですが、中に入れば宝石のような美しくて美味しそうなケーキ類が並んでいます。

スペシャリテはミルフォイユ。サクサクにこんがりと香ばしく焼き上げられたパイ生地の間に絞られたバターたっぷりのバニラクリームは、食べて行くうちから溶けてなくなってしまうほど。ここのスイーツを食べたら、他のお店でなかなか満足できなくなってしまう絶品スイーツが揃っています。

<DATA>
Carl Marletti
住所:51, rue Censier 75005 Paris
TEL:01 43 31 68 12
アクセス:Censier Daubenton(メトロ7)より徒歩3分
営業時間:火~土10:00~20:00 日10:00~13:30
メニュー:ミルフォイユ 5.70ユーロ
定休日:月曜
 

カルチェ・ラタンおすすめホテル 
オテル・デザイン・ドゥ・ラ・ソルボンヌ

ホテル

パリで話題のデザインホテル
 (c) Jerome d'Almeida/Hotel Design de la Sorbonne

ソルボンヌ大学の目の前に構える新築のデザインホテル。各部屋にはマックが設置されているので、わざわざ日本からパソコンを持参することなく自由にインターネットが楽しめます。ホテル周辺は、学生や大学関係者が勉強したりおしゃべりしたりするたまり場のようなカフェや本屋が並び知的な空気が流れています。

パンテオンやリュクサンブールは徒歩で3分ほど、ノートルダム大聖堂やサンジェルマンデプレにも徒歩10~15分ほどで行ける便利さもポイントです。

<DATA>
Hotel Design de la Sorbonne
住所:6, rue Victor Cousin 75005 Paris
TEL:01 43 54 58 08
アクセス:Cluny la Sorbonne(メトロ10)から徒歩3分
シングル100ユーロ~