ジョージタウンのヘリテージエリアを散策

目の醒めるようなブルー。この外壁から、通称ブルーマンションともいわれるチョンファシーマンション

目の醒めるようなブルー。この外壁から、通称ブルーマンションともいわれるチョンファシーマンション

カピタンクリンモスクからは、1日5回、コーランが流れてきますundefined(c)マレーシア政府観光局

カピタンクリンモスクからは、1日5回、コーランが流れてきます (c)マレーシア政府観光局

イギリスの皇帝・ジョージ3世にちなんで名付けられたジョージタウンは、その貴重な歴史的建造物の数々によって2008年、世界遺産に登録されました。イギリス植民地時代のコロニアル調の建物から、ドームが特徴のモスク、地元の参拝客で賑わう中国寺院、リッチな華僑によって建てられた絢爛豪華な邸宅まで。東西文化が混ざり合う独特な街並は、ぶらぶらと散策しているだけで楽しいもの。中でも「これだけは見逃せない!」というおすすめスポットを厳選してご紹介しましょう。

 

ヘリテージ1 邸公司

内部の装飾も見事(c)マレーシア政府観光局

内部の装飾も見事(c)マレーシア政府観光局

コンシー(Kongsi)とは、祖先を祀る廟のこと。こちらはペナンで一番美しいとされる中国寺院です。屋根や外壁に施された美しく細やかな彫刻に注目。

<DATA>
■邸公司(Khoo Kongsi)
住所:18 Cannon Square
拝観時間:9:00~17:00 
拝観料:大人5リンギット、子供(12歳以下)1リンギット

 

ヘリテージ2 カピタンクリンモスク

街で最も古く最大のモスク。事務局で許可をもらってから入場します。また入場の際には、肌の露出を控えた服装がルールです。

<DATA>
■Kapitan Keling Mosque(カピタンクリンモスク)
住所:Jalan Masjid Kapitan Keling
拝観時間:9:00~17:30
拝観料:無料

 

ヘリテージ3 スリマリアマン寺院

ダイヤモンドの散りばめられた彫像

街で最古のヒンドゥ寺院 (c)マレーシア政府観光局

小さいながら見応えのあるヒンドゥ寺院。門塔に彫刻された38体に及ぶかカラフルな神や動物の像が、真っ青な空に映えます。ヒンドゥ教、中国寺院、イスラム教寺院(モスク)、そしてキリスト教会と、さまざまな宗教に触れられるのが、多民族国家マレーシアらしい。

<DATA>
■Sri Mariamman Temple(スリマリアマン寺院)
住所:Lebuh Queen
拝観時間:8:00~12:00、16:00~21:00
拝観料: 無料


 

ヘリテージ4 セントジョージ教会

東南アジア最古のイギリス教会。白亜の礼拝堂と、それを囲む青々とした芝生のコントラストが見事です。現在も毎週日曜日にはミサが行われ、地元の信者たちが集います。

<DATA>
■St. George's Church(セントジョージ教会)
住所:1 Farquhar Street
拝観時間:自由だが、日曜日のミサ(8:30~と18:30~の2回で、約2時間ずつ)は避けた方が良い
拝観料:無料

ヘリテージ5 チョンファシーマンション

周辺で待機しているトライショーと呼ばれる乗り物で、ヘリテージエリア巡りもできます

周辺で待機しているトライショーと呼ばれる乗り物で、ヘリテージエリア巡りもできます

ルーの外壁が目を惹く豪邸は、中国人の億万長者のチョン氏が20世紀初頭に建てたもの。現在はホテルも兼ねています。カトリーヌ・ドヌーブ主演の「インドシナ」のロケ場所としても有名。ツアー時間以外は中に入れないので、要注意!

<DATA>
■Cheong Fatt Tze Mansion(チョンファシーマンション)
住所:14 Leith Street
見学ツアー(英語):11:00~、15:00~ 
TEL:(04)262-0006(要予約)
見学料:12リンギット