この家は世田谷の環七沿いの台地の際の閑静な住宅街に、下北沢の街を見下ろすように建っています。コンクリートの堅牢な外観の印象とは裏腹に、内部は一筆書きで描く1枚の壁がカーブしながら空間を間仕切り、変化のある床のレベル差と共に、大小さまざまな居場所をつくっています。

路地の奥の白い砦


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 北側の外観。スラブが庇となってそのまま外部に現れている。
2. 北東側の外観。庇の張り出しは90cm。
3. 東側の外観。2階の大窓はスチール製のFIX窓。
4. 東側のテラスはセランガンバツ材。間口3.2mの窓はスチール製で全開放できる。


最寄りの駅から環七沿いに歩いて数分行くと、折れ曲がった路地の奥にコンクリートの白い家が現れます。2枚の厚い庇とカーブした壁が印象的です。南側と西側は隣家が迫っていますが、東側は敷地は鉄道会社の変電所のために、2階からの眺望を遮るものがありません。また屋上に上がれば、周囲に高い建物も無く広い空を存分に眺めることができます。


◆建築データと建築家プロフィール