育児は予測不能だから働く時間をコントロールしたい!

shadow

急な発熱や体調不良などにも柔軟に対応できる環境で仕事が続けられることは、多くの働くママにとっても理想なのではないでしょうか?

「できれば明日もう一日休ませたいけど、もう2日も会社休んじゃったし……」なんてため息を漏らしつつ、ようやくお熱が下がったわが子を保育園に預けて会社へ向かう。そんな経験、働くママなら一度はあるはず。でもそんな時、心の中ではもの凄い葛藤です。理想を言うなら、そういった場面でも臨機応変に仕事をコントロールできたら心強いですよね。特に、仕事の量よりも仕事する時間、つまり「いつ働いて、いつ休むか」をコントロールできる環境が理想と考えるママは多いのではないでしょうか?

そこで今回は、働く時間の自由度を最優先に考えてキャリアチョイスした2人のママのお話を伺いながら、母として女性として働くことについて考えたいと思います。

仕事も育児も前向きに欲張る働き方

子連れでも気兼ねなく美容室に行ける時間を提供する『ママトコタイム』を運営するファモニィ株式会社代表の天沼幸子さんは、仕事は生き甲斐だけど子どもとの時間も優先したい、という想いから現在の働き方を選びました。

以前は大手シンクタンクに勤めていた天沼さんですが、同僚の働くママの姿を見て将来について考えるようになります。子どもの病気で会社を休むと周囲に迷惑をかけてしまうなどと気を遣う同僚の苦労を目の当たりにして、働く時間をコントロールできる仕事がしたいと考えるようになったそうです。最終的に、時間の裁量が最も得られる働き方として起業する道を選択されました。

育児と仕事のベストバランスとは?

sachikoamanuma

ママトコタイムを運営する天沼幸子さん

シンクタンクでの仕事は充実していたものの、様々な企画に携わる中で見えてきた「この先もずっとやり続けたい事」を実現するためには自分でやるしかないと、自らビジネスを立ち上げることになった天沼さん。大手企業の看板を背負えなくなったことに対する不安は大きかったものの、起業後は自分の顔で仕事していることを強く実感でき、責任の大きさの裏側でこれまでにないやりがいを感じていると話してくれました。今はまだママトコタイムもスタートアップ段階にあるため、天沼さん本人が働かなければ単純に仕事は後ろ倒し……後で必ず自分で帳尻を合わせなければいけませんが、今後は彼女が動かなくても仕事が回る部分を少しずつ増やしていきたいとのこと。

ここでガイドが注目したいのは、天沼さんのように「育児と仕事のベストバランス」について考えることの大切さです。自分の資源(時間、体力、気力など)をどの位ずつ育児と仕事に振り分けたいか、自分にとってのベストバランスを認識することこそが、働く時間をコントロールしたり働き方を工夫することへの最初の一歩ではないでしょうか。

続いてもう一人、子どもを保育園に預けずに働くスタイルを実現しているママをモデルケースに、それぞれのベストバランスについて考えます。