虫除けに関する勘違い!

でも実は虫、除け対策には勘違いも多いんです。ちょっと前まで、超音波で蚊を寄せ付けないという商品が堂々と売られていたのですが、効果がないことがはっきりして、販売中止になるということがありました。血を吸う蚊のメスはそもそも音が聞こえないんです。効果があるわけがない。

それから、殺虫成分をまき散らすファンが回転するタイプの器具を腰からぶら下げたり、シールを貼ったりということをやる人もいますが、あれらが効果を発揮するのは、そのアイテムから出た成分が、一定以上の濃度で子どもの周りに漂っていてくれる場合のみです。

風が吹いてしまったり、子どもが走り回ってしまったりしたら、成分が拡散して効果は発揮できないということを覚えておいてください。

アウトドアで、蚊の攻撃からこどもを守るためには、虫除けの薬を肌に直接塗るべきです。虫除けの成分のディートが人体に有害であるとして、気にする人もいるのですが、よほど大量に吸い込まなければ大丈夫だといわれています。刺されて、小児ストロフルスを発症してしまうリスクのほうが大きいはずです。

気にするのであれば、スプレータイプではなく、直接肌に塗るタイプを選べば、吸引するのを最小限にすることだできるでしょう。ちなみに天然成分の虫除けというのもありますが、効果はディートを使用していくものに比べれば落ちます。しかも、天然成分だからといって肌に優しいとは限りません。

普通なら以上でいいのですが、蚊がうじょうじょといる藪の中を歩くような場合はどうでしょう。カブトムシを捕りに行ったりという場合ですね。そういうときに一番いいのは、長袖長ズボンです! 少々暑くても、体中かに刺されて、真っ赤に腫れてしまうよりはましでしょう。

たかが蚊、されど蚊。蚊を侮らず、蚊の攻撃から子どもを守って、楽しい夏休みをお過ごしください。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。